人気ブログランキング |

太田あゆみオフィシャルブログ ~あゆみのあゆみ~ ayumirai.exblog.jp

高松市議会議員、太田あゆみ。無所属・市民派。厳しい目で見つめ続けてください!


by 太田あゆみ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

民際交流のこと。

風邪を10日ほど引きずったまま。
少し、しんどい。
昨夜、やらなければいけないことがあったけど、
頭がうまくまわらないので、ボーっとニュースを見ていた。

中国・北京が映っている。
背景には超高層ビルが立ち並び、煌びやかなネオンが輝いている。
APECのことを伝えている画面を見ながら、
20年前、わたしが生まれて初めて訪れた海外、中国のことを思い出した。

高松市は、中国の南昌市と友好都市提携をしていて、
毎年中学生が(今は小学生も)交換留学をしている。
中学2年生の春休み、わたしは市内の同学年の中学生と一緒に1週間、中国を訪れた。

どこの学校を訪問しても、熱烈歓迎。
ホームステイ先のお宅には親戚一同が集まって、日本からやってきたわたしを、
本当の家族のように温かく迎え入れてくれた。
皮から作ってくれた餃子の美味しかったこと。
琵琶の音色の、それはそれは美しかったこと。

夜行列車から見えるのはどこまでも広がる田園風景。
上海や北京は、当時まだ超高層ビルはなく、
どこか懐かしい下町のような雰囲気だったことを覚えている。

あれから20年。
どこでどうなって、日本と中国はこんなに睨みあうような関係になってしまったのかと、
悲しさで胸がいっぱいになる。

でも。
今でも高松市と南昌市が友好都市として、交換留学を続けているように、
高松まつりのときに偶然すれ違った中国人の女の子が「わー、すごくきれいな服!写真とっていい?」
と満面の笑みで話しかけてくれて、何の躊躇もなく、違和感もなく、キャッキャと騒いで撮影大会したりするように、
都市と都市、個人と個人の関係は悪いものじゃない。
特に個人と個人で話をするとき、そこに国境なんてない。

「民際交流」っていうらしい。
国際交流、じゃなくて。
大事だなぁって思う。
だって、国に任せてたら大変なことになる予感しかしないもん。

だったら、自分のできる範囲で、民際交流。
自分とは違うものを排除するなんて、かっこ悪い。
民際交流のこと。_c0347272_13343461.jpg


今年の8月14日、高松まつりの日に。
彼女の許可をとってないので、お顔、隠しておきます。
連絡先交換すれば良かったなぁ。

あゆみ


# by step_ayumi | 2014-11-12 13:29

依存症のこと。

先日、「アルコール問題を考える集い・香川」に参加してきた。

わたしは、お酒を飲むのも、その場のわいわいした雰囲気も、すごく好きだった。
でも。
ある日を境に、お酒を飲まなくなった。飲めなくなった、の方が正しいかもしれない。

それは、アルコール依存症患者本人と、その家族の苦しみ、辛さを知った日。

依存症のこと。_c0347272_14492192.jpg
今年の6月に「アルコール健康障害対策基本法」が施行されたことを、
どのくらいの人が知っているんだろう。

=========================================
この法律は、アルコール健康障害対策に関し、基本理念を定め、
及び国、地方公共団体等の責務を明らかにするとともに、
アルコール健康障害対策の基本となる事項を定めること等により、
アルコール健康障害対策を総合的かつ計画的に推進して、国民の健康を保護し、
安心して暮らすことのできる社会の実現に寄与することを目的としています。


「アルコール健康障害」とは
アルコール依存症その他の多量の飲酒、未成年者の飲酒、妊婦の飲酒等の不適切な飲酒の影響による心身の健康障害

「アルコール関連問題」とは
アルコール健康障害及びこれに関連して生ずる飲酒運転、暴力、虐待、自殺等の問題
=========================================
(以上、内閣府HPより引用)

最近は、若い女性のアルコール依存症患者が増えていると聞いたことがある。
生きにくい社会の中で、お酒に頼ってしまうんだろう。
日本ほど、アルコール飲料のCMを垂れ流している国はないそう。
わたしたちが子どもの頃はタバコメーカーのCMがよくテレビで流れていたけど、今は流れていない。
国民の間に、ニコチンは健康を害するという意識が浸透したから。

アルコールがそんなに害があるものだとは、あんまりみんな意識していないんじゃないかな。
若くてきれいな女優さんや、アイドルやミュージシャンや芸人さんが
プシュ、シュワー、ゴクゴク、なんてやってたら、意識のしようもないよね。

専門医は、アルコールCMに警鐘を鳴らし続けている。

この「アルコール健康障害対策基本法」には、「地方公共団体の責務」と明記されている。
今、中学校の保健体育授業ではアルコール依存症について触れるみたいだけれど、
その内容は先生しだいで、たぶん、踏み込んだ内容にはなっていないと思う。(あくまで推測。)

わたしは、ゲームやスマホに依存しがちな小学生にも、出前授業みたいなのをもっとやってもいいんじゃないかと思う。
依存症って、こころの病気。
これは、アルコールに限ったことではなくて。
広義で、依存症について考える場を、用意できたらいいなと思う。

同じ社会で生きるものどうし、
認め合う。
知ること。
それが、何よりも大切なこと。

11月10日~16日は、アルコール関連問題啓発週間。

【啓発週間のリーフレット(内閣府作成)】
http://www8.cao.go.jp/alcohol/keihatsu/week/h26/pdf/leaflet1.pdf
http://www8.cao.go.jp/alcohol/keihatsu/week/h26/pdf/leaflet2.pdf

この機会に、飲酒について、依存症について、考えてみてください。
できれば、大切な人と一緒に。

あゆみ

# by step_ayumi | 2014-11-11 15:21

一番最初に書いた、選管へ行って来た理由。

わたしは、2011年3月11日の震災・原発事故以降、
いろんなことを考えてきました。


もちろん、その前から決して政治に無関心だったわけではありません。
幼いころから、市民運動をする両親を見て育ちました。
おかしいことをおかしいと言う。
市民が声をあげることは当たり前のことだと思って生きてきました。


でも、大人になればなるほど、
なぜか政治の話はタブー視される。
どうして?

大切なことなのに。

そして起こった大震災。原発事故。
この国は、いろんな不都合をひた隠しにしようとしている。
そう感じてなりませんでした。

政府に対して危機感を感じていました。
秘密保護法の制定、集団的自衛権行使容認のための憲法解釈変更。
消費税の増税。一方で、大企業に対する減税。


「日本を取り戻す」
と言うけれど、取り戻したいものは何?
まったく響かない。


このままで、いいのかなぁ。


このままで、娘や、こどもたち、孫たちの代に、希望の持てる未来を残すことができるのかなぁ。


たくさん、悩みました。
「お母さんは、お母さんのやりたいことを、
一生懸命やったらいいよ。」
娘の一言が、わたしの決意を確固たるものにしました。


地方が変われば、国は変わる。
わたしはそう信じています。


そして、市民の意識が変われば、地方自治も変わる。
ほんの少し、アンテナを政治の方向へ向けてみませんか?


政治って堅苦しくないし、
政治ってオジサンだけのものじゃないし、
政治ってすごくわたしたちの生活と密接しているし、
政治って諦めちゃいけないものなんだと思うんです。


11月5日、わたしが代表をつとめる政治団体
「みんなと未来へあゆみ隊」が発足しました。


とにかく若い世代が政治を諦めず、
もっともっと優しく、易しく、政治を語ったり、
あれこれ話し合ったりしてみようよ、という団体です。


普段の生活の中に眠っている、あなたと、あなたの大切な誰かの声を、
議会に届けようよ、という団体です。


きっと、変えていけると思うのです。
今、ここから。

気付いたら、変えられる。


団体の活動は、素人ばかりの集まりで、
なかなか思うようにいかないところもあります。
手さぐりの中での運営です。

それでも、一歩一歩、前を向いてあゆんでいきます。


「みんなと未来へあゆみ隊」Facebookページはこちら
https://www.facebook.com/step.ayumitai


「みんなと未来へあゆみ隊」のこと。_c0347272_15034494.jpg

I want to walk towards the future with YOU!!!!!!!!!

あゆみ




# by step_ayumi | 2014-11-10 15:07

新宿区長選挙のこと。

今日は新宿区長選挙でした。

最終投票率の低さをみて、驚愕です。

どうして選挙に行かないんだろう。
選挙に行っても何も変わらない?
いやいや、みんなが動かないと、何も変わらないんだよ。

ひとりひとりの一票は、すごく重い意味を持っているのに。

どうしたら、投票率は上がるのかな。

みなさんは、選挙行ってますか?
もしくは、行かない理由ってありますか?
# by step_ayumi | 2014-11-09 21:16

川内原発のこと。

川内原発の再稼働が、鹿児島県議会で同意された。

議会には31件の再稼働反対陳情と、たった1件の再稼働賛成陳情が提出された。
鹿児島県議会の「議案等に対する表決態度」を見てみると、どれも似たり寄ったり。

なのに、どうして、この再稼働賛成陳情だけが採択になるの??
これが、県民の声を反映した議会なの??

謎すぎて、風邪が悪化しちゃったよ。
頭痛い。

福島で起こったこと、忘れてないよね?
御嶽山が噴火したこと、知ってるよね?

知事は「最終判断は国に」とか言って、それって逃げてるんじゃないの?

わたしは、福島の事故が起こるずっとずっと前、
チェルノブイリの事故よりも前から、
「原子力発電所ほど危険で恐ろしいものはない」と教えられて育ちました。
詳しい仕組みも教えられたけど、よくわからないままだった。
今思えば、大切なことを教えられて育ってきたのに、それを重要視せず、
ハイハイと聞き流していた自分に腹が立つ。

鹿児島県議会は市民の声を反映してるのかな。
少なくとも、陳情件数だけみれば、反映してないよね。

わからん。
初めてスマホからの投稿なので、それも、わからん。
いろんなことがわからん。
頭をすっきりさせたい。

わたしは、原子力発電所の再稼働は反対です。
# by step_ayumi | 2014-11-08 16:20