人気ブログランキング |

太田あゆみオフィシャルブログ ~あゆみのあゆみ~ ayumirai.exblog.jp

高松市議会議員、太田あゆみ。無所属・市民派。厳しい目で見つめ続けてください!


by 太田あゆみ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新潟市BRT視察

明日、明後日と新潟市でおこなわれる全国政策研究集会。

今日は、オプショナルツアーとして、「BRT新潟市の公共交通網整備の現状と課題を見る」に参加してきました。

c0347272_20093145.jpg
c0347272_20094506.jpg

BRTという言葉をご存じでしょうか。「busrapid transit」の頭文字をとったもので、バスによる大量輸送システムのことです。

新潟市では、導入されて2年目だそうです。

ちょっとわかりにくいので図で示してみます。

c0347272_19532078.jpg

こんな感じです。(…わかりますか…?)

今までひとりの運転手が3,4人の乗客を乗せてそれぞれの路線を走っていたバスが、あるひとつの結節点に集まって、そこから目的地まで一気に輸送するという感じです。

新潟市でも、全国各地と同じように高齢化が深刻です。さらに、政令指定都市の中でも2番目にマイカーへの依存度が高い都市です。このため、バス利用率は20年で65%減少しました。公共交通へのテコ入れが新潟市の交通政策の急務でした。そして、バス路線の再編とBRTの導入をすすめたそうです。

導入形式は、公設民営方式。バス車体の購入、停留所などハード面の整備は市がおこない、運営は民間の新潟交通という会社がおこなっています。バス車体は、連節バスという特殊な大型車両が、18,000万円。普通のバスは12,000万円。半分は国の補助といっても、それもやはり税金。これには議会でも大きな議論があったようです。結果、当初の予定よりは少ない4台を購入し、運行しています。

c0347272_20095466.jpg
c0347272_20093745.jpg

現在、結節点のひとつとなっているのが、青山結節点。大型ショッピングモールの交差点で、乗り換え待ちの時間を、ショッピングモールの中の休憩所でおこなえるようになっています。充電用のコンセントもあり、もちろんお買い物をして待つこともできます。短い待ち時間は45分ですが、どうしても利用者数の少ない路線・時間帯は1時間に1本というところもあり、その時間を過ごせるようにしてあります。バスの時刻表の表示もしっかりしていました。

また、結節点の乗り換えは一つの屋根でつながっていて、雨に濡れる心配はありません。全部で8路線が乗り入れるようになっています。

c0347272_20100300.jpg

課題としては、やはりこの乗り換え、待ち時間。乗り換えによる追加料金は不要ですが、当初はかなりの苦情があったようです。しかし、これも乗客の慣れによるところが大きいのか、最近では苦情もないとのこと。また、降り口が前方の1か所にしかないため、大量に降車客のいる最終停留所ではなかなか降りられないことがある、というのも課題。全員が全員ICカードを持っているわけでもなく、そのあたりは難しいところだと思います。(連節車両の入り口は2か所あります)

高松市では、昨年「高松市地域公共交通再編実施計画」https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/13513_L28_saihenjissikeikaku.pdf

を公表しています。

この中で、交通結節点についても触れられています。

コトデン三条~太田間の新駅整備に合わせて、バス路線の再編も重要課題になることは必至です。高松の場合、東西の連結が弱く、大きなカギになってくると思います。大きな車両を何台も購入しなくてもBRTシステムという方法をとることは可能ですし、それよりは公共交通機関空白地域に、どのようにしてバス路線を行き渡らせるのかの方が大事なのではないでしょうか。もちろん、一目でみてわかるトータルデザインなどは必要かもしれません。新潟市では一目でわかる赤色を採用しています。

また、「交通」と「まちづくり」が一体となって事業をおこなっていかなければならないということも再認識。そして、市民にとって使いやすい、乗りやすい、選ばれる公共交通が必要だなぁと思いました。

実際にBRTの連節車両にも乗りました。連節車両は快適ですが、やっぱり車体が長いので、男の子が慌てて後ろの方の座席から走って降りていました。新潟市でも導入2年目ということでまだまだ効果検証などもこれからのようですが、参考にすべき点や、課題もしっかりと吸収できたBRT視察となりました。

丁寧に説明と案内をしていただいた新潟市新交通推進課(BRT導入のために作られた課だそうです!)の皆さん、ありがとうございました。


by step_ayumi | 2017-08-17 20:13 | 報告 | Comments(0)

お便りへの返事

本日、太田あゆみ宛てのお便りを頂戴しました。差出人の氏名・住所の記載がないため、Facebookとブログで回答させていただきます。

「あゆみのあゆみ」第14歩の3頁、供託金制度の見直しを求める意見書について、「比例600万円、選挙区300万円と書かれてありますが、これは衆院や参院のこと。高松市議は30万、高松市長は100万円。まぎらわしい表現はしないでください」
これについては、意見書の標題を見ていただくとおわかりのように、「国政と地方選挙」両方の供託金制度の見直しを求める意見書です。国ごとの比較をするのには、国政の比較をした方がわかりやすいのでこのグラフを掲載しました。また、ご意見では市議会選挙における30万円の供託金が安い、というニュアンスですが、わたしはそう思いません。シングルマザーのわたしにとって、30万円という金額はとんでもない高額でした。娘に頭を下げて、それまで10年かけて貯めてきた娘の教育資金から30万円を捻出しました。
国政においても、地方選においても、やはり供託金の見直しは必要と考えます。

2点目に、「費用弁償は受取りを拒否しています、とありますが、一定の年数の経過で国の収入になります。」
供託している費用弁償については、議員としての身分を失った時点で、供託している全額を市に戻入します。10年を経過すると、ご指摘の通り国庫に入ることになりますので、それまでに自身の身の振り方を考えるとともに、そもそも供託をしなくていいように費用弁償の廃止をする方向で考えていかなければならないと思います。

3点目に、「報酬の使途公開について、6月の期末手当から源泉所得税を引いた残額はどうされましたか?」とのご質問をいただいています。今回はスペースの関係で記載ができませんでしたが、期末手当は生活費、活動費などに充てさせていただいております。ご覧いただいてお分かりかと思いますが、手元に残る金額が10万円を切る月もあり、期末手当は大切に使わせていただいております。

おはがきでいただいたご意見のため、インターネットでの回答がご本人の目に留まるかどうかはわかりませんが、できるだけ真摯に対応させていただいたつもりです。ご理解いただけると幸いです。

by step_ayumi | 2017-08-04 10:31 | 政治 | Comments(0)

韓国視察 7月28日

【7月28日】
雨のソウル。
わたしは今日が視察の最終日。

今朝も出雲屋あんパンをいただいて、出発。
地下鉄で2駅の西大門駅で下車。目指すは「韓国労働社会研究所」。

c0347272_20445112.jpg

エレベーターを待っていると、年配の男性が「日本人ですか?わたしはこどものころ、京都いました。」と話しかけてきました。「ほ、ほ、ほたるこい~」「かーごめかごめ」と懐かしそうに口ずさむ男性。わたしたち日本人は、アジアの人々への反省の上に生きていかなければいけない、と常々思います。けれど、こうして日本を懐かしんでくれる男性や、道を間違えて話しかけると丁寧に教えてくれる若者をみていると、どこまでいっても、人と人なんですよね。個人としてできることはたくさんあって、ひとりひとりが行動に移すかどうか。
そんなことを、考えました。


さて、韓国労働社会研究所。
研究委員のキム・ジョンジンさんのお話を伺います。

c0347272_20444375.jpg

今の研究所は1990年代にできました。前身の労働者教育のための研究所は1980年代に確立していました。
研究所には、労働問題専門に扱う博士研究者が常駐しています。
民主政権下で中央労働委員会委員を務めるなど、社会的地位を築いています。

ソウル市は、2011年からパク・ウォンスン市長になりました。
この市長がすごいのなんの。

パク市長のスローガンはずばり、「労働尊重特別市」!主要政策は①労働権益侵害ゼロ ②労働死角地帯解消 ③生活賃金拡大適用 ④非正規職の正規化 ⑤労働時間短縮 ⑥労働者理事者制 ⑦政策ネットワーク構築 以上が市民との「7大約束」です。

今日はこのうち、④非正規職の正規化 について、重点的に伺いました。
まず、就任後パク市長はそれまで韓国のどこの地方自治体にもなかった「労働政策課」をつくりました。最初はたったふたりだった労働政策課ですが、今では20人の職員がいて、5つのチームがあります。業務が増えることでシステムが構築されていきました。


非正規職の正規化ですが、まず基礎知識として、ここでいう正規職員、非正規職員、これは市の機関で働いている労働者ですが、公務員ではありません。日本とは捉え方が違うので注意が必要です。まず、公務員には正規職公務員と任期制公務員があり、任期制公務員は3年任期で一度だけ2年間の延長ができます。任期制公務員は主に弁護士や労務士で、各部署ごとに配置されています。

そして、非公務員として、「無期(長期契約)職員」「有期契約職員」「派遣職員」に分けられ、さら民間委託している委託先の労働者、というような分類がされています。

パク市長は、これらの非公務員を、すべて無期職員への格上げをしたのです。これがソウル市でいう「非正規職の正規化」です。
しかし、例外となる人もわずかですが存在します。雇用が9ヶ月に満たない者、今後2年以上の継続業務と認められない場合などです。


この政策により、5年間で9,098人が正規化(無期職員化)されました。
え、そんなことして人件費がえらいことになるんちゃうん?と思いますよね。ソウル市の人件費に関する予算執行には日本でいうところの総務省の許可が必要です。1年間で3%だけ裁量が認められていて、それを超えると次年度の交付金が凍結されてしまいます。そこで、一気に政策を進めることはできず、順次進めていくしかできませんでした。それでもまだ9,000人超の人件費となると心配ですよね。有期契約、派遣の労働者というのはほとんどが民間委託先での雇用でした。ということは、給与を支払う時点で、15%ほどの一般管理税や消費税という名目で業者が天引きしていたのです。これらの労働者を無期契約にすることで、15%の人件費が膨らんでも結果、相殺されたそうです。

c0347272_20444655.jpg

こまでできるのは並大抵のことではないです。
けれど、みずから掲げた公約を着実に進めていくパク市長、もはやぐうの音もでません。


また、パク市長は若者政策にも力を入れています。韓国も日本と同様、就職ができずにニートや引きこもりになる若者が多いそうです。余談ですが、「過労死」は世界共通言語だということは知っていましたが、「引きこもり」も共通言語なんです。韓国でもそのまま「ひきこもり」と発音します。
パク市長は、低所得の若者に対し、月額50万ウォン(約5万円)を6ヶ月支給する政策を打ち出しました。この支給によって、アルバイトにいく時間を就職のための勉強や自己開発のための時間に使うことが出きるようになりました。年々、支給対象人数は増えています。この政策も、国は否定的でした。しかし、ろうそく革命後、ムン政権の誕生によって枠の拡大が可能になりました。パク・クネの所有品を整理するなかで、「ソウル市の若者手当について反対 しろ」という文書が見つかったそうです。パク・クネ政権下では若者手当は実際に2,800人が1ヶ月で支給を打ち切りになりました。 そして、ちょうど昨日、支給が打ち切られた5ヶ月分の手当の再支給を求める訴訟を起こす、という記者会見が開かれたそうです。すごいな、韓国の若者!


もっともっと書きたいことはあるのですが、通訳さんの言葉を追いかけるのに必死で、自分のメモなのに解読不能な箇所が多すぎます(´д`|||)
また、帰国して報告会の準備をするなかで思い出すことや追記があれば書いていきます。

c0347272_20444829.jpg
c0347272_20445061.jpg

■韓国視察報告会のお知らせ■
8月9日(水)
18:30~20:30
瓦町FLAG8階 市民活動センター会議室
無料 途中参加、途中退室可
植田まきさんとふたりで報告おこないます。
■ ■ ■


本当に充実した4日間でした。
視察を提案していただいた大田区議会議員の奈須りえさん、準備段階から岡山までいらして学習会をひらいてくださり、現地との調整・企画をしていただいた官製ワーキングプア研究会の白石孝さん、全日通訳していただいた鈴木明さん、現地で出会ったすべての皆さん、視察団の仲間に心から感謝します。


そして、部活のコンクール前にも関わらず、「気をつけて行ってきてね、お土産いらんけん、事故や事件に巻き込まれんと無事に元気で帰ってきてねー!」と笑顔で送り出してくれた娘、留守の間サポートしてくれた家族にも、ありがとうを伝えたいです。


連日、長文の報告を読んでくださった皆さんにも感謝です。
この経験をこれからに活かせられるよう、さらに邁進してまいります。


by step_ayumi | 2017-08-01 20:47 | 報告 | Comments(0)