人気ブログランキング |

太田あゆみオフィシャルブログ ~あゆみのあゆみ~ ayumirai.exblog.jp

高松市議会議員、太田あゆみ。無所属・市民派。厳しい目で見つめ続けてください!


by 太田あゆみ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

一般質問

今日、一般質問でした。

詳細は報告会や「あゆみのあゆみ」でお知らせしますが…。

【1】バリアフリー化の助成について
高齢者が入居する共同住宅の共用部分のバリアフリー化を進めるため、工事費の一部を助成する制度を創設する考え
→国交省が発表している新たな住宅セーフティネット制度を活用する。詳細の発表はまだだが、県の説明を踏まえて具体的な枠組みについて検討する。
(再質問)共同部分に使えるのか、現に居住実態がある住宅に使えるのか、懸念がある。制度からこぼれ落ちる人が出てきては元も子もない。
(再答弁)制度の詳細設計がまだ示されていないが、共同部分に使えることは確認済み。

【2】市道福岡町3号線について
市道福岡町3号線の歩道を高松海岸線まで延伸し、歩行者等の安全を確保する考え
→交通量調査をおこない、交差点付近の状況を確認し、既存の道路幅員での歩道確保について関係機関と協議する。
※福岡町3号線=杣場川公園を出て北に向かう道路

【3】全ての人が暮らしやすい、訪れやすい街の実現について
(1) レンタル車椅子
① レンタサイクルポートにレンタル車椅子を導入する場合、ハード・ソフト面では、どのような課題が挙げられるのか。
→入出庫ゲートの改修、料金収受システムの変更、職員の再配置など
② レンタサイクルポートにレンタル車椅子を導入する考え
→種々の課題があるので、まずは利用者のニーズについて、観光の振興や障害者等の社会参加の促進などの観点もふまえ、関係局とも連携し、調査・研究する。

(2) 目に見えない障害を持った人が援助を得られるよう、ヘルプマークを導入する考え
→マークの配布方法や周知方法、導入に際しての課題など、実施自治体の状況も確認のうえ、導入に向けて検討する。

【4】アディクション支援について
(1) アルコール依存症に関する検討会議に至る過程
→警察署、県の保健機関、学校、相談支援事業所、医療機関等が参加し、情報共有のうえ、支援方針を決定している。

(2) 年間何名ほどの支援を行っているのか。
→昨年度は97名

(3) みんなの病院(新病院)に依存症外来を開設する考え
→精神科医やスタッフの不足などにより、開院時に設置することは困難。しかし、内科外来の診察や精神科医との院内連携により依存症と診断できるケースもあることから、そのような場合は当面、専門の治療機関への紹介をおこなうなど、地域医療支援病院として、適切に対応していく。

(4) 県や医療機関・自助グループ等と、本市はどのように連携をとっているのか。
自助グループ、警察署、刑務所、支援団体等で構成する「高松市アルコール関連問題ネットワーク」を2012年に設立し、事例検討や情報交換等をおこなって連携・協力体制を構築している。

(5) 学校教育の中で、依存症者及び家族の体験談を積極的に取り入れる考え
→依存症者のプライバシー等を考慮ながら、各学校で判断。教育委員会としては、依存症に関する著作物や依存症者の手記等の教材としての活用を各学校に助言する。

(6) 各保健ステーションでの依存症問題の個別相談会等を行う考え
→専門性を有する相談は桜町保健センターでおこなっている。人員体制などの関係から、各保健ステーションでの相談会は困難。
(再質問)アルコール対策基本法、保健ステーション統合の目的からみても相談会はおこなうべき。100人近い人が相談につながっているが、より地域に根差した保健ステーションでの相談会は、依存症の早期支援につなげることができる。
(再答弁)初期段階での相談等は保健ステーションでおこなっている。より専門的な相談は保健センター。各保健ステーションで把握したより専門的な対応が必要なケースは速やかに保健センターにつなぎ、解決に向けた支援をおこなう。

c0347272_21555507.jpg
ヘルプマーク、目に見えない障害を持ったひとが、周りからの援助を受けやすくするよう作成されたものです。
東京都福祉保健局にサンプルを送ってもらい、議長の許可を得て議場で実物やパンフレット、啓発チラシを示しながら説明しました。

事前の担当課との話し合いでは、高松市だけで導入しても、広く県や他市町で導入しないとあまり意味がないので今回はちょっと…みたいな感じだったので、再質問でJISマークに新たに登録されること等を付け加えて説明しようと思っていたのですが、最初の答弁でまさかの導入検討!(高松市では「検討」は前向きに進めていくこと、「調査・研究」はあまり期待できないことです)
予算も関わることなので、これからしっかり協議や周知をしないといけませんが、これまで外出をためらっていた方が、ひとりでも多く、このマークをつけることで外出につながると嬉しいです。

依存症の質問。
一問一答になってから、議員を背中にして質問するので、だれが私語をしているのか、ヤジを飛ばしているのかはっきりはわからないのですが。
質問中には「お前、依存症ちゃうんか」「ちゃうわ、ただの酒好きや」という私語や、依存対象の説明で物質系にはアルコールや薬物などがあり、非物質系にはギャンブル、買い物、ダイエット、性行為、自傷行為などがある、と説明をしているときには、「性行為…あはは…」と笑い声が聞こえたり。
もっと真剣に聞いて欲しいし、もっと真剣に知って欲しい。いい答弁が得れたのに、残念な想いでした。

議会は来週も続きます。
委員会、意見書の提案説明、討論、採決など、週末も勉強づくしです。

■ ■ ■
議会は続きますが!報告会のお知らせです!
【夜の部】
7月6日(木)18:30~
瓦町フラッグ市民活動センター会議室

【昼の部】
7月9日(日)13:30~
まなびCAN小研修室

※昼と夜で会場が異なります。
■ ■ ■

by step_ayumi | 2017-06-16 22:21 | 議会 | Comments(0)

明日、質疑です

高松市議会、会期中です。

明日は代表質問(公明党、市民フォーラム21)、質疑です。
わたしも質疑に立ちます。

今回は補正予算のうち、屋島関連約11億円と、ゴミの収集業務約4億8千万円について、
さらに条例改正案のうち、高松市個人情報保護条例の一部改正について。

質問項目の詳細はこちらでご覧いただけます。

ここのところ腰痛が続いていて、座りっぱなしがけっこうきついのですが、
本会議始まると集中しているので気になりません。
終わった後にバキバキいってますが…。

さきほどさらっと書きましたが、屋島活性化推進事業費に約11億円。
額大きいですよね。
ちゃんと中身を精査しないと、こどもたちにツケを回すようなことになっては大変です。

一般質問も何とか出来上がり(まだ修正してますが)、
あとは意見書の趣旨弁明を仕上げにかかります。

陳情審査もあるので、そちらもよく見ないと。
あっという間の2週間ですが、毎日汗をかきかき必死です。

あっ!今定例会から、スマホやタブレットでも議会中継を見れるようになりました。
うまく見れていますか?見れないよーという方いらしたら教えてください!

さぁ、明日も頑張ります!!

by step_ayumi | 2017-06-13 20:29 | 議会 | Comments(0)
午前10時から始まった、今年度委員編成の改編後初の議会運営委員会。

わたしたち市民派改革ネットは、一般質問の回数制限撤廃の申し入れをおこなっていました。
他にも共産党議員団も議会改革に関する申し入れをしていました。
もう一人、無所属の香川議員も2点について要望していました。

これらの申入れや要望について、委員長は最初にさらっと触れました。

その後、今年度は議会のICT化(タブレットの導入など)について力を入れて取り組んでいく、という決意表明のようなものがありました。
高松市議会では、昨年度から、職員や関係者のお悔みのお知らせと、災害情報がようやく、メール配信されるようになりました。それまではなんと、FAX配信だったのです。台風の日などは、夜中に「第○報」のFAXがじゃんじゃん送られてくるという状況でした。

タブレットを導入すれば、市民に公開された議会になるそうです。何故でしょう。謎。
タブレットを導入すれば、もちろん、ペーパーレス化になります。議案や資料は膨大です。でも、メール配信でよくないですか?
タブレットを導入するにあたっては、「ICTプロジェクトチーム」を立ち上げるそうです。
ほほぅ…。驚いたのはその次です。
「ICT化に関しては、議員全員に関わる課題ですから、少数会派・無所属の5名からもプロジェクトメンバーを1名選出いただいて…」

えっ??
耳を疑いました。

待って、待って。
わたしたち少数会派はまず、代表質問ができません。
決算審査特別委員会にも入れません。
議会運営委員会にも入れません。
議会報告会のプロジェクトチームにも入れてもらえませんでした。
なんでここだけ?
他のことも、全部全部全部、議員全員に関わる課題じゃないんですか?
わたし、おかしいこと言ってますか?

謎。謎すぎます。

**

そして議題はわたしたちの出した要望や申し入れについて。
香川議員の要望した1日1委員会の開催。
確かに3月議会は日程が長いので、当局も大変でしょう。
でも、他の定例会では今すぐにでも実現できます。
「議員の傍聴が増えたら、一般傍聴が入れんようになったら困る」と、冗談にもならない冗談を言っていました。
それなら、1委員会しか開催しないのだから、普段使わない広い第1委員会室を使えばいいだけの話です。
はい、解決。

事務局は、委員会の同日開催のインターネット中継と、1日1委員会開催の費用対効果を検証して…と言っていましたが、
費用対効果ってどういうことでしょう。
職員は毎日登庁しますよね。
議員の費用弁償の問題でしょうか?
だったら、費用弁償を廃止すれば良いだけのことです。

香川議員がもうひとつ要望していたのが、
議員が中学校の卒業式に出席できるように配慮せよ、というもの。
なんででしょうね、真意があまりわかりませんが…。
と首をひねっていると、公明党議員会の大山議員(女性の議員です)が、
「私たちの時代とは議員構成も変わって、若い人が議員になることも増えた。女性も増えた。親として、義務教育最後の日を見送ってあげれるような配慮は一定理解できる。自分はこども3人とも議会開催中で卒業式には参加できなかった。家族の形態も多様化していて、シングルの人だっている、家族が誰も行けないという場合も出てくるのでは…」というような趣旨の発言。
あれ?わたしのことかしら?というか、完全にわたしのことですね(・_・;)
ご配慮いただいてありがとうございます。そこは素直に嬉しいです!
もちろん母親としては晴れの日を祝ってあげたいです。
でも、それが「議員が来賓出席できるように配慮せよ」という意味合いの要望だとしたら、賛成しかねます。
もう少し深い議論が必要だと感じました。

**

「他、その他について何かご意見等ありませんか?」
「なし!」

待て待て、待ってください。
わたしたちは1項目、とにかく一般質問の回数制限撤廃についてのみ申し入れしているけど、
共産党議員団は数項目、申し入れしています。
そこについてはスルーです。
見事に。
議員全員に関わる課題ですよ、全部。

あっという間の30分でした。

**

抜け殻になった気分で控室へ戻りました。

議会運営委員会では、7~8月に、先進地へ視察に行くそうです。
ICT化についての視察は以前にも行っているはずです。
視察地選定はこれからのようですが、本当に議会改革を進めて欲しいです。
切なる願いです。

6月定例会は、質疑と一般質問、両方なので少し準備にバタバタしています。
質疑は、ピンポイントで。
一般質問は、広めに、と予定しています。

ご都合のつく方、ぜひ傍聴にいらしてくださいね。
いろんな議員の質問を傍聴されることをお勧めします!




by step_ayumi | 2017-06-05 22:32 | 議会 | Comments(2)