人気ブログランキング |

太田あゆみオフィシャルブログ ~あゆみのあゆみ~ ayumirai.exblog.jp

高松市議会議員、太田あゆみ。無所属・市民派。厳しい目で見つめ続けてください!


by 太田あゆみ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

3月定例会通告書不許可

本日、12時すぎに、6日に提出した一般質問(個人質疑)の通告書が不許可となった旨、議長より通達がありました。

高松市議会では、年間の一般質問の回数が「申し合わせ」によって、議員ひとりにつき2回までと制限されています。ここに、法的根拠はありません。

わたしたちはこれまで、年度ごとに議長への議会改革の申入れ(質問回数制限の撤廃以外にもさまざまな項目)をおこなっています。


そして、12月定例会での一般質問の通告書が不許可となった植田議員が行政不服審査法(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/kanri/fufuku/gaiyou02.html)にもとづき審査請求をおこなうも却下となった経緯があります。3月定例会においては、通告書を不許可にしないことの申し入れもおこないました。


わたしも今年度すでに2回の一般質問を終えており、3月定例会では3度目の一般質問となる予定でしたが、冒頭で書いたように、不許可となりました。議会運営の効率化という名のもとに、議員の発言回数を制限し、「市民の声を市政に反映させる」という議員の仕事そのものに制限をかけているのが現状です。

通告が許可されることを前提に一般質問も組み立てていたので、悔しい想いしかありません。

・環境教育について

・コンビニエンスストアの成人向け図書について

・原発事故避難者について

・レンタサイクル事業について

・こども・子育てについて(第2子以降無料化制度の検証、待機児童について)

の大きな5項目を準備していました。

原発事故避難者については、自主避難者の住宅支援が打ち切られるこのタイミングで、積極的に受け入れすべきということを訴えたかったし、待機児童についても同じく、まさに今のタイミングだと思います。

高松市議会では、議会基本条例を制定しています。「議会の憲法」と位置付けられているこの条例では、基本理念として、第2条に、議会は、市政における唯一の議決機関としての自覚と誇りを持ち、市民の意思を市政に反映させるため、公平かつ公正な議論を尽くし、真の地方自治の本旨の実現を目指すものとする。と定め、議員の活動原則を定めた第9条には、市政の課題全般について、市民の多様な意見等を的確に把握し、市民全体の奉仕者及び代表者としてふさわしい活動をすること。と明記しています。

多様な意見を反映しようとしても、その場を奪われたのでは反映しようがありません。

今後、わたしも審査請求をおこなう予定です。

全国の議会をみても、1年を通してすべての定例会で質問ができない議会はかなりの少数です。高松市議会も以前は年4回質問ができていました。元の状態に戻すこと、あたりまえの議会運営をおこなうこと。望みは高いと思いません。

骨抜きの議会基本条例にならないように、きちんと手続きを踏んで、なんとか年4回の一般質問を取り戻したいと思います。


by step_ayumi | 2017-03-07 15:33 | 議会 | Comments(2)

明日から3月定例会

明日から3月定例会が始まります。
日程はこちら。
休会ばっかりやないかい!と突っ込みたくなりますよね…。

***
明日初日は、閉会中継続審査になっていた議案に対する討論・採決、委員長報告などがあります。
12月定例会ではふたつの条例改正案を議員提出し、ふたつとも継続審査になっていました。

少し混同しやすいので、別々に、なるべくわかりやすく説明します!

まず、
議員提出議案第7号 高松市議員報酬、市長及び副市長の給料等審議会条例の一部改正について」
条例名が長いので、難しそうに感じますが、とっても単純なことです。
いま、高松市では市長や副市長など特別職の給料、市議会議員の報酬、政務活動費の額は、
高松市議員報酬、市長及び副市長の給料等審議会」という第三者機関が曲がりなりにも話し合って決められています。
ほとんどの場合は据え置きですが、それでも第三者が間に入るのは当然のことであり、大切なことです。

ところが、ところが。
期末手当(民間会社でボーナスに該当するもの)や退職手当については、この審議会では審議されないのです。

そうして、挙句の果てに、3年連続でその期末手当はお手盛り的にアップされているのです。
えーーー、なんで、どうして?
期末手当の額も、給料とか報酬をベースにした計算式で求めてるのに、審議されないの?
となるわけです。

そこで、この条例を改正して、期末手当や退職手当についてもしっかり第三者機関で審議し、審議結果を公開して、透明性を確保しましょう、という提案です。

閉会中の総務消防常任委員会で審査がおこなわれ、委員会では否決となっています。
明日は、共産党の藤沢議員が討論に立ちます。

***

次に、
議員提出議案第8号 高松市議会政務活動費の交付に関する条例の全部改正について

こちらは、政務活動費に関して。
現状、前払い(60万円ずつ、年に2回)されているものを、本当に必要なものにだけ透明性を持って支払われるように、後払いにしましょう、という改正内容です。すべての報告書類の添付も盛り込んでいます。

普通、民間の会社では後払いですよね。
それに、政務活動費の性質から考えても、「補助金」である以上、他の補助金が、申請して審査を経てからでなければお金を受け取ることができないのと同じにしないと、なぜ議員に支払われる補助金だけはガッツリ前払いなの?ということになりますよね。

閉会中の議会運営委員会(少数会派は入れない)では、
このように、「(後払いにすることは)議員活動を衰退させる」「8月からHPでの公開が決定しているので透明性は確保される」などの意見が相次ぎ、否決となりました。

※委員会で否決となっても、本会議で討論の後、議員全体での賛否を採ります。

わたしは、明日、この条例改正案に賛成の討論をおこないます。
自分で出した議案に自分で賛成討論というのもちょっと変ですが、なにせ提出者4名以外に賛成がいないので、自分でします。

京都府京丹後市をはじめ、全国で少しずつ、後払いの動きが広がっています。
「議員活動が衰退」なんて、後払いをしている議会の議員が聞いたら怒りますよね…。
透明性確保のための後払いなのに。

明日は、自分の意見をしっかり述べようと思います。

***

ということで、明日から3月定例会、他にも、果たしてわたしの一般質問(質疑)の通告は許可されるのか?!
などいろんな懸念材料があるのですが、まずは明日。

そして、通告許可される前提で組み立てている一般質問をしっかり形に仕上げます!

お時間許される方は是非!傍聴に足をお運びください!
c0347272_17135722.jpg


by step_ayumi | 2017-03-01 17:14 | 議会 | Comments(0)