人気ブログランキング |

太田あゆみオフィシャルブログ ~あゆみのあゆみ~ ayumirai.exblog.jp

高松市議会議員、太田あゆみ。無所属・市民派。厳しい目で見つめ続けてください!


by 太田あゆみ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

外へ、外へ!

太田あゆみの市政ニュースレター「あゆみのあゆみ 第11歩」を携えて、
市内各地を回っています。

印刷からあがってきたものを、まずは折るところから作業は始まります。
発送のための宛名貼りや封函作業。←いつもこの辺りはいっぱいいっぱいです。
今回はアンケートを挟み込む作業もあり、今日ようやくすべてのニュース(3万部)に挟み込みを終えました。

セットできたものから、駅頭(瓦町、片原町、高松築港、三条、潟元)で朝の配布。
昼の休憩時間にはマイクで街宣をしながらの配布(兵庫町、南新町)。
さらに夕方にはお仕事帰りや学校帰りの皆さんへの街宣と配布(田町、片原町)。
ひとりで配布できない場所(街宣時は特に)は、友人やボランティアの方がお手伝いをしてくれます。

毎回、終わるたびに反応を伝えてくれます。
男子高校生が受け取ってくれたこと。
「ドカンと一発打ち上げなイカンで!」とおじさんの声援があったこと。
それぞれに反応が違って、楽しいです。
先日の田町では、小学5年生の女の子が、自転車を止めて「がんばってください」と言ってくれました。
たまたま赤信号で停まった車から「あゆみ~!」と同級生がエールを送ってくれました。
帰宅中の友人が「頑張ってね!」と声をかけてくれました。

もちろん、すべての人が受け取ってくれるわけではありません。
じっと前だけを見据え、視線の片隅にも入れてもらえないことも多々あります。
わたしは、いつもそこに届けようとなんとか喋ってアピールするのですが、難しいです。

それでも、家の中でじっとしていたって、届くものも届かない。
あー、そういえばなんかセイムカツドウヒがどうのこうのって言いよったよなぁ…と何かのきっかけで思い出してもらえたら、一歩前進なのだと思います。

とにかく外へでて、多くの方にうったえていくこと。
発信していくことが私の役割だと思っています。

今朝は、潟元駅で通学の女子高校生がニュースを受けとってくれ、電車が来るまでホームで読んでくれていました。
嬉しいです。

そして、大きなマイクでご迷惑をおかけしているにも関わらず、後で挨拶に伺うと、嫌な顔ひとつせず、
「いや~、今日も勉強になりましたよ!」と声をかけてくれる近隣の店舗のみなさん。
本当にありがとうございます。

今は、市内中心部で主にマイクを握っていますが、
この秋、太田あゆみは更なる神出鬼没を予定しています。
高松市、広いんです。隅から隅まで、行こうと思います。乞うご期待!
外へ、外へと!

ポスティングは雨で予定通りには進んでいませんが、1日でも早く皆さんにお届けできるよう、がんばります!
皆さんからのアンケートのご回答、お待ちしています!!

c0347272_20384292.jpg
瓦町

c0347272_20392353.jpg
片原町

c0347272_20422430.jpg
高松築港

c0347272_20380216.jpg
南新町

c0347272_20582124.jpg
潟元駅


by step_ayumi | 2016-10-28 21:02 | 政治 | Comments(0)
おはようございます。

昨晩は18時半から「高松市公共施設再編整備計画(案)1次」の説明会に出席してきました。
8月18日から、市内各地でおこなわれ、昨日が最後の説明会(11か所目)。

出席者は少なく、これからの高松市のことを、もっともっと市民を巻き込んで決めていきたいと思いました。

さて、この「公共施設再編整備計画」とは何?ということですが、
ざっくり言うと、今後少子高齢化社会を迎えるにあたって、
市の財政も厳しくなる(市の見通し)なかで公共施設は老朽化していきます。
建設はしたけれど、補修や修繕にお金がかかります。
そこで、公共施設の集約化や複合化(いくつかある似たような機能を持つ施設をひとつにまとめる、など)しましょう、
ということです。

ここで気になったのは、
担当の職員が「レジャー施設」という言葉をレジュメや説明のなかで何度も繰り返したこと。
これは、最後の質疑応答のなかで香川大学の三野先生が触れられましたが、
地方自治法第244条で、公共施設の定義として「普通地方公共団体は、住民の福祉を増進する目的をもつてその利用に供するための施設(これを公の施設という。)を設けるものとする。」と定められています。
レジャーとは、「余暇」または「自由時間」のことです。
今回の計画案で5年以内で廃止とされている市民プールは、今年の夏3万人を超す利用者がいたそうですが、
廃止です。市民プールをレジャー施設というのはお門違いで、健康増進のための公共施設というべきです。

同じく指摘がありましたが、男木小学校は復活したけれど、
塩江の施設は次々たたんでいく。その線引きはどこなんでしょう?
「不要不急」の判断なんてそれぞれ違うし、「市民の皆さんのご意見を伺います」と謳ってはいるけれど
説明は常にもう決定したので従ってくださいと言わんばかりの口ぶり。

わたしにまったく理解できないのは、まずは統合しやすいスポーツ施設から考えていきます、と言いながら、
これから山を切り開いて南部スポーツ施設(仮称)を整備しようとしていること。
使用する人数が少ない施設も見直しの対象です、と言いながら、
市民の何%が利用するのかと思うヨット競技場を、補修や修繕ではなく莫大な予算を投じて全面建て替えすること。

そして、9月定例会の一般質問で取り上げた、あじ竜王山公園。
合併の時の約束だからと作るだけ作って、ふたを開けてみたらトイレに手洗いがない…。
もう、驚きを通り越してしまいます。
以前ブログのコメント欄にも書きましたが、これは予算審議の時の議会のチェックの甘さもあったと思います。
行政側は地元選出議員には説明した(よく本会議でこんな発言できるなぁと驚き)、経済環境委員会には公園の概要は説明した、と答弁したけれど、議会がもっと機能して、厳しくチェックしていればこんな事態にはならなかったのではないかと、当時は議員ではなかったけれど、今現在議員であるものとして深く反省しています。

いずれにしても、言っていることとやっていることの整合性が全く取れていない。

もちろん、見直して然るべきの施設もあるでしょう。
競輪場はその代表格だと思っています。
先日、県立中央病院の8階から南向きに市内を眺める機会がありました。
なんて広すぎる駐車場。
時代錯誤も甚だしい。
一般財源への繰り入れがあるとは言え、考えていかなければならないでしょう。
ちなみに競輪場は「2次」の計画案のなかに入るそうです。

今回の計画案策定のために2,000人の無作為抽出の市民にアンケートを取り、回答があったのは800名です。
市民説明会だって、すべての会場合わせても数えれるほどの人しか参加していないのではないでしょうか?

誰かにお任せで流れに身を任せていくことはとても簡単で楽なことかもしれません。
でも、わたしたちのまちのことは、わたしたちで決めたいと思いませんか?
これから2次の説明会がおこなわれるでしょう。
ぜひ参加してみてください。
「市政出前ふれあいトーク」を利用して、友人知人との少人数でじっくり聞いてみるのもいいかもしれません。
マイクを持って人前では発言するのはハードルが高くても、カフェのような空間でなら話せるかもしれません。

一番、怖いのは無関心でいることです。
気づいた時には勝手に全部決まっていて、後から文句を言ってもどうにもなりません。
まず、知ってください。

そのためにわたしはしっかりと情報発信を続けていきます。
c0347272_11130708.jpg
c0347272_11130712.jpg
c0347272_11130641.jpg
c0347272_11130654.jpg

by step_ayumi | 2016-10-21 11:13 | 高松市 | Comments(2)
【今週の事務所開放】
10日(月・祝)おやすみ
11日(火)16:00~18:00
12日(水)17:00~18:00
13日(木)16:00~18:00
14日(金)16:00~18:00

※変更になる場合があります。ご了承ください。

by step_ayumi | 2016-10-09 17:27 | お知らせ | Comments(0)

今週の事務所解放

【今週の事務所解放時間】

3日(月)17~18時
4日(火)16~18時
5日(水)16~18時
6日(木)16~18時
7日(金)16~18時

急遽変更になる場合もあります。
どうかご了承ください。
よろしくお願いします。

太田あゆみ


by step_ayumi | 2016-10-03 15:30 | お知らせ | Comments(0)