人気ブログランキング |

太田あゆみオフィシャルブログ ~あゆみのあゆみ~ ayumirai.exblog.jp

高松市議会議員、太田あゆみ。無所属・市民派。厳しい目で見つめ続けてください!


by 太田あゆみ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

のり弁。

少し前のこと。
4月29日に、高松でG7情報通信大臣会合がありました。

わたしや、仲間の数人は、伊方原発再稼働反対のデモを、同じ29日におこないました。
その時の過剰警備たるや。

写真を見ていただければお分かりかと思います。
c0347272_23515520.jpg
ひとりの市民につき、警察が5・6人。
車道や、歩行者に向けていつもなら横断幕でアピールできるのに、
横断幕の前に隊をなして並び、隠す警察。

市民のデモなのか、警察のデモなのかわからない状態。
自転車が一台向こうからやってきただけで、
30名近い警察が「自転車来ます!」「自転車です!」「自転車通ります~!!」とそれはそれは大きな声でがなり立てる。デモのコールなんてあっという間にかき消されてしまう。
c0347272_23515503.jpg
c0347272_23515436.jpg
G7会合のサンポートに近づこうものなら、どこからともなく、「太田さん、どちらへいかれるんですか?」「これからどうするんですか?」「ここから先は入れませんよ」と、一歩も通そうとせず。お昼ごはんを食べる最中もずっと見張られていました。

普段、高松でデモをするときは、警察がつくことは一切ありません。
ヘルメットには「大阪府警」の文字も。

いったいこの日、どんな警備計画がなされて、わたしたちはどういう対象で見られていたのか。
c0347272_23515546.jpg
c0347272_00120264.jpg
たくさんの動画や写真に一般市民が収められる。
表現の自由はわたしたちには許されないのかと怒りを覚えたあの日のことが知りたくて、
香川県警に、当日の警備体制、報告された事項に関する資料の情報公開請求をしました。

警備が終わって60日経ったら公開できるということで、今日、受け取りに行きました。

出ました。
のり弁です。

c0347272_23535138.jpg

「警備通信記録」

c0347272_23535283.jpg
「活動状況報告書」


c0347272_23535089.jpg
「警備良好点、反省改善点」

今日出てきたものだけで60枚。どれだけ見張られてたんだよ!ということだけはわかりました。

非公開理由は、
「公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼす情報に該当するため。」

わたしたちのデモは「公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼす」ものだということでしょうか?

日本国憲法第21条第1項。
「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。」

憲法が蔑(ないがしろ)にされ、権力という大きな力で市民が封殺されようとしています。

***

原発の再稼働反対。
心の中でそう思っていても、
こんな過剰警備を見せつけられたら、デモに参加したくても、怖くてできなくなりますよ。

「あのひとたち、警察に囲まれて、ヤバい人たちなんじゃない?」
そう思わせることが目的なのだとしたら。

悔しい、あぁ、悔しい。
こんな小さな町の、たった数人のデモが、
潰されようとすることが、悔しくて悲しくてたまりません。

そんな、夜です。





by step_ayumi | 2016-07-30 00:17 | 原発 | Comments(0)
久々の更新となってしまいました。
この間、6月定例会があり、参議院議員選挙があり、
毎日24時間では足りないくらい、めまぐるしい日々を過ごしていました。

今日は、お知らせです。
7月23日に、沖縄平和運動センター議長の山城博治さんを迎えて、高松で講演会を、
翌24日には、伊方での再稼働反対全国集会のゲストとして参加していただく予定でした。
原発問題も、基地問題も、根っこは同じ、という山城さんの強い想いがありました。

しかし、参院選投開票日翌日の11日から、沖縄県高江の状況が急速に変化。
山城さんは高江現地での抗議行動に専念するため、講演会と集会への参加が中止となりました。
楽しみにしてくださっていた方々には申し訳ありませんが、どうかご理解いただきますようよろしくお願いします。

※高江ヘリパッド問題を詳しく知るにはこちらのサイトをどうぞ↓

c0347272_00392783.jpg

***

今日は、高松駅前と丸亀町周辺で、24日の全国集会のお知らせのチラシ配布をしました。
仲間がハンドマイクでアピールもしました。
高江のことについても触れました。
四国ではほとんど報道されることがありません。
インターネットで情報を取るしかないような状況です。

ひとりひとりに語りかけるように配布していると、
受け取ったチラシを握りしめた、60歳くらいの女性がわたしの元に駆け寄りました。
「わたしね、ここ(沖縄)から来てるの。
離れたところでもね、こうして(高江のことをみんなに)知らせてくれて本当にありがとう。
がんばろう。がんばろうね。負けないよ、絶対に負けないから。」
と言って、わたしを強く抱きしめてくれました。

わたしは、沖縄の何をどれくらい知っているんだろう。
わたしは、伊方の何をどれくらい知っているんだろう。

遠く離れた場所に住んで、「反対、反対」と声を上げることしかできない。
その無力感たるや。
議会に入って、再稼働反対の意見書を提出しても、請願の紹介議員になっても、
可決、採択されることはない。
反対意見すら出てこない。
それでも、諦めることができない。

「がんばって」ではなくて「がんばろうね」と言ってくれたことに勇気をもらいました。

***

絶望ばかりもしていられません。

今日の昼に入ってきたニュース。
<伊方原発>再稼働、来月に延期…3号機、ポンプで水漏れ(毎日新聞)

26日再稼働予定が8月にずれ込むとのことです。
初歩的なミスが続いています。
この状態で原発を再稼働することに、地元の方は強い不安を持っています。

今日は関東で地震が起こりました。
九州地方は今も有感地震が起こり続けています。


***

★24日の集会は、予定通りおこなわれます。
みんなで止めよう伊方原発 7.24全国集会
7月24日(日)13:30~
伊方ビジターハウス前
ゲスト:鎌田慧さん、野呂正和さん

ゲート前の道路を車両通行止めにするなど、市民に対する排除が始まっています。
それでも、諦めずに、声を上げ続けます。


by step_ayumi | 2016-07-18 00:43 | 原発 | Comments(0)