人気ブログランキング |

太田あゆみオフィシャルブログ ~あゆみのあゆみ~ ayumirai.exblog.jp

高松市議会議員、太田あゆみ。無所属・市民派。厳しい目で見つめ続けてください!


by 太田あゆみ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2015年を振り返る

大みそかです。

昨年の今頃は、ひとり事務所にこもって作業をしていました。
0時をまわって新年を迎えても、ひたすら作業をしていました。
ハガキの用意や、リーフレットの送付、細々としたことがあまりにも多すぎて、
げっそりしていたことを覚えています。

元旦の昼には母と街頭演説に出ました。
途中で友人がカイロを持って来てくれて、一緒にニュースの配布を手伝ってくれました。
雪の舞う、寒い寒いお正月でした。

**

2月にはニュースレターのポスティング、街頭演説に明け暮れました。
とにかくひとりでも多くの人にわたしのことを知って欲しくて、
わたしの想いを知って欲しくて、必死でした。
時にはまったく違う考え方の人と話をする機会もあり、成長の月になりました。

3月になると、もう大詰めです。
事務所には徐々に人が集まり始めました。
「政治に無関心ではいられない」その想いに共感してくれた方がどんどん広がっていった感覚でした。
三宅洋平さんを迎えて「タカマツリゴト!」のトークイベントも。
たくさんの方に来ていただきました。大きな大きな出来事でした。

それでもわたしは母親です。
家にひとり寂しく我慢をして留守番をしてくれる娘には、今でも感謝してもしきれません。

**

4月、お花見をしているところへ出かけていって、マイクアピールをしました。
どこでもかしこでも神出鬼没。
それしか方法を知らなかったです。
歌って、喋って、読んでもらって。
ぽつり、ぽつりと足を止めて聞き入ってくれる方が増えてきました。

また、ネットでの支援の広がりにも驚きました。
見ず知らずの方が、一生懸命拡散してくれたり、いろんなことを教えてくれたり。
どんなに距離があっても応援できる。
新しい選挙のカタチでした。

選挙期間も、市内各所くまなくまわりました。
選挙期間中なのに、誰も聞いていないような池のほとりで、
山に向かって演説をしました。
返ってくるこだまが面白くって、笑ってしまいました。

帰って事務所で出迎えてくれる仲間のあたたかさ。
かかさず枕元にある娘からの手紙。
手づくりの選挙カー。
見たこともない、スポットライト。
常にアイディアと笑顔と、愛に溢れた選挙だったと、自負しています。

**

そして4月26日。
深夜、開票所から電話をかけてくれる父からの数字が信じられずに、
ネットでの確定発表を待ちました。

3973票。
大事な大事な数字です。
40人中、8位での当選。
しばらく信じられなかったし、無我夢中で走って来たから、ふうっと体中から何かが抜けたような感じでした。
高松市議会議員としての、新しい生活が始まりました。

**

たくさんの出会いがありました。
自分が動けば少しかもしれないけど、何かが変わったり、動いたりすることもある、と知りました。

議会の準備は本当に大変です。
それ以外にも、課題山積の高松市議会では、毎日が勉強の連続です。
この8カ月、またも全力疾走でした。

ここに書くべきことではないかもしれないけど…
あまりにもこれまで生きてきた世界と違いすぎて、
議員になってから半年で3回、円形脱毛症になりました。
白髪も一気に増えました。
久しぶりに会う友人には決まって「やつれとるけど、大丈夫?」と聞かれます。
眠れない日もあります。

それでも、毎日が充実していて、
やりがいしかないのです。

身体の内から溢れ出てくる、変えたい、このままではダメだという想い。
その想いと、まわりの皆さんの励ましが、わたしを突き動かします。

***

振り返っても、振り返れないほどたくさんのことが起こった一年でした。

おごらず、常に謙虚に。
焦らず、自分の歩幅で。
怠けず、真面目に。
新しい年も、一歩ずつ、あゆみを進めていきます。

2015年、一生忘れることのできない年になりました。

**

みなさま、体調に気をつけてお過ごし下さい。
どうぞ来たる新しい年に、ひとつでも多くの希望の種を蒔けますように。
c0347272_20125462.jpg

2015.12.31
太田あゆみ

by step_ayumi | 2015-12-31 20:41 | 高松市 | Comments(0)

現地を見る

12月議会も終わり、会派の報告会&忘年会も終わり、いよいよ年の瀬…ですが、
元旦におこなう街頭行動の準備など、
結局年末年始は昨年同様にあまり関係ありません。

議会報告ニュース「あゆみのあゆみ」の作成にも大急ぎで取りかからなくては!

***

さて、高松市にお住まいの皆さんは、
この春に、高松市に新しい公園が整備されるのをご存知でしょうか?

12月議会では議案第175号、公の施設の指定管理者の指定について
(庵治竜王山公園(仮称)の管理を行わせる指定管理者を指定するもの)
として議会に議案として提出され、可決し、指定管理者も決定しています。

今日は、竜王山公園(仮称)がどんな公園なのか気になって、見に行ってきました。

場所は、国道11号線を志度方面に進み、県道36号線を北進します。
…そこから先は、はっきり言って、覚えていません。
看板も何もなく、時々車を停めて、スマートフォンの地図アプリで現在地を確認しつつ、
行ったり来たりを繰り返してなんとかたどり着いたのです。

「えっ、ここ?」というのが第一印象。
上にも書いたとおり、場所は言葉で説明できません。
とにかく山の上です。

工事の工期は3月末の予定で、指定管理もそれを見越して来年度4月からとなっています。
しかし、公園へ通じる道は未舗装。
かろうじてカーブミラーやガードレールはきれいに整備されていました。

展望台になるであろう場所も、まだまだこれから、といった具合でした。

c0347272_18024402.jpg
c0347272_18024214.jpg


ここが展望台になる…??

c0347272_18024905.jpg


また、今年6月12日におこなわれた庵治町地域審議会の中でも竜王山公園(仮称)には触れられていて、
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/25163_L13_kaigiroku(H27nendodai1kai).pdf
14ページのところに、
公園内に設置するモニュメントについて
「竜王山公園(仮称)整備連絡協議会等の意見も踏まえながら、今後の工事の状況を見極めまして現予算の中で、検討」
との発言がありますが、この「竜王山公園(仮称)整備連絡協議会」がいつどこでおこなわれたのかがまったく分からず…。

高松市には事務の執行に必要な調停、審査、審議、諮問、調査等を行うため、設置された79の付属機関と
附属機関に類似したもので、規則、規程、要綱等に基づき、市民の意見を市政に反映させることを主な目的として設置された35の類似機関というものがあります。
そのどちらをみても、「竜王山公園(仮称)整備連絡協議会」というのは無いし、
HPでも確認できませんでした。

【参考】
高松市の付属機関:https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/20865.html
高松市の類似機関:https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/20866.html

年明け早々の課題になりそうです。

***

配られた紙面に目を通すだけで、提出された議案にはすべて可決、可決と言うのがわたしたちの仕事ではありません。
現地に足を運ぶこと、正しい税金の使われ方をしているかどうかをきちんとチェックすること、
時間はかかるし、迷子にもなるけど、まずはやはり自分の目で見て確かめる、それが大事だと思いました。

果たして「桜の名所」と銘打っている竜王山公園(仮称)は3月までに完成するのでしょうか?
お花見でにぎわうのでしょうか?
確かに東向きの見晴らしは素晴らしかったですが、
夕陽を望む西向きには山林が鬱蒼としていてまったく海も見えず。
課題は多いと感じました。


by step_ayumi | 2015-12-27 18:22 | 高松市 | Comments(6)

一般質問終わりました

昨日のことになりますが、一般質問が無事に終わりました。

c0347272_22483344.jpg
【2015,12,15 四国新聞】

わたしの質問のうち、街路樹の根上がりによって安全な歩行空間の確保を怠っている、という指摘について。
実際に現場を歩いたり、いろんな方のご意見やお話を伺う中で見えてきた課題です。

絶対に取り組みたい質問(選挙の公約にかかげたもの)や、この普段の会話の中から取り上げようと思ったもの、
一般質問といっても幅広いです。

毎回、頭をひねってひねって、準備に相当な時間を要します。
原稿は登壇するギリギリまで修正し、どうすればいい答弁が引き出せるか、
そしてなにより、どうすれば市民のみなさんにしっかりつたわる質問になるかを考えています。

***

わざわざケーブルテレビの中継を録画して感想をお電話でいただいたり、
SNSなどで感想をいただいたり。
傍聴にも足を運んでくださった方も。

すぐになにか大きな事ができるとは思わないけれど、
わたしらしい視点で、小さなことから変えていければと思います。

***

一般質問が終わってホッとしている場合ではないのです!
委員会が待っています。
議案本数とても多くて、読み込んで、調べて、もうてんやわんやです。

最終日の討論などなど、閉会までバタバタは続きます。

***

が、その間にもいろいろとイベントがありますので告知を。

★「日本と原発」福善寺上映会(高松市御坊町1-1)
日時:12月16日(水)18:00~
会場:真宗大谷派福善寺 香川県高松市御坊町1-1
料金:一般500円 大学生以下無料
主催:映画「日本と原発」香川県内リレー上映実行委員会

★12.19戦争法廃止をめざす香川県集会
講師:小林節・慶応大学名誉教授
とき:12月19日(土)
ところ:香川大学教育学部415教室
入場無料
主催:香川大学有志の会・戦争法ストップ香川総がかり行動実行委員会
問合せ先:087-851-2362(戦争をさせない香川1000人委員会事務局)

★中東・アラブ世界から見た安保法制~イラク戦争とイラク・シリア文化交流活動を通して考える
講師:相沢恭行さん(Peace On主宰)
   (ギター弾き語りミニライブ付き)
とき:12月20日(日)14:00~16:30
ところ:高松市男女共同参画センター2階第2会議室(高松市錦町)
参加費:500円
主催:みどりの政策セミナー(087-813-0715)

***

19日の集会ではわたしもマイクアピールを予定しています。
年末の慌ただしい時期ではありますが、ぜひ足をお運び下さい。


by step_ayumi | 2015-12-15 23:06 | 議会 | Comments(0)

会期中です。

一昨日、昨日と代表質問でした。
昨日は質疑もおこなわれ、市民派改革ネットの植田まきさんが登壇しました。

再質疑にしっかり答えられない当局。
そもそも答弁の声が小さすぎて聞き取れず。
最前列のわたしが身を乗り出して聞くくらいだから、後列の議員に果たして聞こえているのか?
疑問です。

***

代表質問…
新県立体育館の誘致
水族館の支援検討
カマタマーレ讃岐の練習施設整備支援

新県立体育館は県内自治体での誘致合戦の様相を呈しています。
高松市には市立体育館もあるし、
「5000人規模の収容力が必要」「コンサートなどにも使えるように」と言っても、
サンポートホールも、アルファあなぶきホールも、高松テルサも、サンメッセも、
ホールはたくさんあります。
だいたい何故にに5000人規模??

本当に高松じゃないといけないのか、これまた疑問です。

***

質疑は、マイナンバー制度や指定管理者制度について。
とりわけマイナンバーに関しては、国も迷走ぎみだと思います。
自治体に情報がおりてくるのも非常に遅い。
自治体は疲弊しています。

市内でも、マイナンバー制度をかたり金銭を要求する事案が起こっています。
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/25651.html

個人番号カードの交付は1月から始まりますが、本当に不安です。

***

議会中に、ヤジでもなく、隣席の議員と「おしゃべり」をする議員がいるのには、
毎度毎度驚かされます。
それもけっこうなボリュームで。

きっと新聞やネット中継では伝わらないです。
どなたでも傍聴できます。
一度、いらしてください。
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/3257.html

委員会の傍聴は受付時間が決まっていますが、
本会議は何時にお越し頂いても大丈夫です。

高松市役所6階東詰めの傍聴席入口で手続きをしてください。

わたしは、自分の目で議会を傍聴して、立候補しようと決意が固まりました。
この状態を放っておけないと思ったからです。

ぜひ、傍聴へ。
12月定例会の予定はこちら。
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/3265.html




by step_ayumi | 2015-12-12 19:37 | 議会 | Comments(0)

12月定例会会期中です!

あぁ、なんと1ヶ月も更新していませんでした。

12月7日より、高松市議会12月定例会が始まっています。
明日11日(金)は、市民派改革ネットの植田まきさんが質疑に立ちます。
(※質疑=市長が提出した議案の内容について疑義をただすことです)
わたしは、14日(月)に一般質問です。

一般質問の内容は大きく下記の4項目です。
(1)依存症について
(2)子どもに関わる相談体制について
(3)安全な歩行空間の確保について
(4)気候変動・地球温暖化について

***

定例会に先だって、わたしたち市民派改革ネットは、
市長に2016年度の予算・政策要望をおこないました。
12月3日のできごとです。
c0347272_21430845.jpg
わたしたち市民派改革ネットは、
国家から出発して社会をつくるのではなく、
市民から出発して社会をつくっていくことを基本に、
市民参加の行政運営を重視していきます。
そして、誰もが尊重され、豊かな自然と共生し、未来の世代にツケを残さず、
エネルギーの地産地消を進め、
持続可能で多様性のある地域の暮らしを創り出すことをめざずために、
とりわけ重要な事項を2016年度の予算・政策要望として提出しました。

植田まきさんは、これまで無所属議員(高松市議会はひとり会派は認められない)だったため、
初めての会派要望でした。もちろん、わたしもです。

***

他の会派も、この時期に来年度の予算要望をおこなうそうです。
昨日12月9日の四国新聞の記事です。

c0347272_21431656.jpg
わたしたちは、市長に要望後、各報道機関(もちろん四国新聞にも)に、
会派で要望をおこなったこととその内容を情報提供しています。

しかし、この記事ではわたしたちのことは触れられることはなく、
少数会派への扱いがあまりにもずさんだと思います。

今日、このことで四国新聞に問い合わせると、
「紙面の関係上」「他市の議会のことで触れていない部分もある」と。

***

高松市議会は、3人以上の会派を交渉会派として認めています。
逆に言えば、3人未満の会派は交渉会派として認められていません。
わたしたちは代表質問もできない、議会運営員会、決算特別委員会、各会派会長会・幹事長会にも入れません。

小数を排除するのは議会内だけの動きかと思っていましたが、そうではないようです。

報道部の方にお会いしたい旨伝えましたが、お断りされました。

***

わたしは、植田まきさんとふたりの「市民派改革ネット」に誇りを持って議員活動をしています。
侮辱されたような、悲しくて悔しい気持ちです。

この想いを忘れず、これからも活動を続けていきます。



by step_ayumi | 2015-12-10 22:25 | 議会 | Comments(4)