人気ブログランキング |

太田あゆみオフィシャルブログ ~あゆみのあゆみ~ ayumirai.exblog.jp

高松市議会議員、太田あゆみ。無所属・市民派。厳しい目で見つめ続けてください!


by 太田あゆみ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

憲法カフェ

男女共同参画センターにて、
「憲法カフェ」に参加してきました。

主催者に名前を連ねさせていただいていたにも関わらず、なかなかお手伝いできず、
申し訳なかったです。

昨年、徳島大学、香川大学で開催された「憲法食堂」に参加しました。
学生向け企画だったのですが、憲法についてもっと勉強したいという思いで参加しました。

あれから約1年。
秘密保護法、集団的自衛権、安全保障法制と、刻々と事態は変化し、
若者も、ママも、団塊の世代も、戦争経験者も、いろんな人たちがいろんな角度で憲法や今の政治について関わり始めています。

香川県ではなかなか開催されてこなかった憲法カフェですが、
今日は大勢の参加がありました。

先日のデモや講演会で配布したチラシを見てきたという方がいてうれしかったです。

普通の、日常の会話の中にこそ、政治の話は溶け込むべきだと思います。
わからないことは学べばいいのです。
難しいことは易しい言葉に変換すればいいのです。

無関心が生み出すものは、マイナスなものばかりです。

わたしたちは今、岐路に立たされています。

もっと知りましょう。気軽に。

継続して開催していきたい。そう思います。
繋がっていきましょう。

by step_ayumi | 2015-07-29 23:33 | 憲法 | Comments(0)

市政報告会!

今日は、わたしと植田まきさんの会派「市民派改革ネット」の6月定例会後の市政報告会でした。

会場の晴れサロンさんは皆さんに大好評。
広々とした空間に、プロジェクターもマイクもあって、大助かりでした。
ありがとうございました。
c0347272_00400516.jpg
***

さて、なんの打ち合わせもしないままの報告会になりましたが(汗)、
とにかく、少数会派としての沸々と湧き上がる怒りや疑問やときたま起こる小さな喜びなどを、
お越しいただいた皆さんと共有できたのではないかと思っています。

ひとりで事務所でこじんまりと、おしゃべり会をするのももちろんいいけど、
まきさんとふたりで開く報告会はやはり2乗の効果があるなぁと実感しました。

「なんとなく聞く難しい言葉の意味が良くわかったよ」とお声をいただき、
今日をきっかけに、さらに市政が身近になったり、また何かを考えるきっかけになっていただければ幸いです。
c0347272_00401194.jpg
***

課題は山積ですが、俄然、楽しくやる気です!
ふたりで力を合わせて、どんどん新しいことを、やっていきます!!
c0347272_00400848.jpg



by step_ayumi | 2015-07-19 23:33 | 政治 | Comments(1)

2015.7.17

議会が終わったからといって、のんびりしているわけではありません。
開会中と同じく、閉会後はとても忙しいです。

とにかく次の動きまでに時間をかけれないので(新鮮さがなくなるため)、
必死でニュースレターを書き、市政報告会の準備をし、
合間で市民の方のご相談をうけたり。

なかなかブログ更新できず…。
「ブログ更新してないん、なんで?誰かに何か言われたん??」とよく聞かれますが、
まったくそんなことはありません!

***

HPの更新も滞っていましたが、なんとかすこしづつ更新していきます。
定例会での発言なども掲載予定です。
なんとか日曜日までには。

***

昨日の台風、全国各地からご心配の声をお寄せいただき、本当にありがとうございました。
築約50年の我が家は、強風で揺れてそれはそれは恐ろしかったですが、なんとか持ちこたえました。
11年前の台風で浸水した地域ということもあり、皆さん警戒しておられました。

自然の脅威にはかなわない。
毎回思うことです。

市内でも数名、ケガをされた方がおられると聞きました。
屋根や看板が飛ばされたところもあるようです。

また、日本海側や関東ではまだこれから雨が続きます。
皆さん、お気を付け下さい。



by step_ayumi | 2015-07-17 11:48 | 高松市 | Comments(0)

閉会

昨日、6月定例会が閉会しました。

最終日も、25分というとんでもなく長い討論をおこないました。
(通常10分くらいのものらしいです、しりませんでした…。)
盛り込みたいことが山のようにあるのです。

一市民、一母親の視点でとらえたときに、「ん??これはどうなの??」と思うこと、
それはきっと多くの市民の皆さんも同じだと思うのです。
賛否は分かれたとしても、ちょっと立ち止まって考えて、説明を聞いて、ああなるほど、ってなったり、
それは考えものだなぁってなったりしませんか??

同じことです。
わたしは昨日、議員の海外視察について反対討論をおこないました。
高松市議会では、1人60万円の予算をつけて、毎年複数名の議員が海外視察に行きます。

「ん??」
と思いませんでしたか??

わたしは思います。
だって、わたしたちの納めた税金です。

中核市45市のうち、議員提案での海外視察をおこなっているのは、高松市を含めてたったの4市です。

他市は廃止、見直し、休止、凍結、という文字が並んでいました。
視察に行っている都市も、友好姉妹都市に限る、とされている場合がほとんどです。

視察がダメと言っているんじゃないんです。
いろんな土地へ行って、人と会って見聞を広めることは必要なことです。
でも、議員報酬以外にまだ60万も使ってまでしていくのは市民感覚とはずれている、ということが言いたいのです。

少なくとも、日々生活を切り詰めて切り詰めてしているわたしの考えからは、ずれています。
それに、その視察が高松市のどの施策にどのように活かされているのか、市民の目にはよく見えません。

廃止も含めて、検討していくべきだと思います。

***
さて、早速ですが、わたしたち市民派改革ネットは、市政報告会を開催することになりました。
ぜひ、ご参加ください!

=================================
★昼の部
7月19日(日)14:00~17:00
場所:晴れサロン 高松市常磐町1丁目9-31
トキワ街商店街瓦町方面入口より約50m、南側


★夜の部
7月23日(木)19:00~21:00
場所:生涯学習センターまなびCAN 和室
片原町駅より徒歩3分


※ 昼の部、夜の部で開催場所が異なります。
※ いずれもお子様連れでのご参加大歓迎です。
=================================

ニュースレターの作成と、報告会の資料作成、諸々の事務作業、相変わらず忙しく、充実の日々です!


by step_ayumi | 2015-07-11 16:23 | 政治 | Comments(11)

見切り発車

長かった定例会も明日が最終日。
しかし、明日が一番の大勝負だったりします。

原稿…書いています。
どうしたらわかりやすくて伝わりやすい言葉になるのか。
何度も何度も練っています。

***

さて、あまりの悔しさに昨日ブログが書けなかったのですが。

昨日は常任委員会がありました。
私の所属している総務消防委員会は付託議案(審査、話し合いをする議案)の数が多いので、
午前中に終わるのは難しいだろうと思っていたのですが、
終了はなんと17時でした。

今回出されている、
安全保障法案に反対する意見書提出を求める陳情(4本)
伊方原発の再稼働に反対する意見書提出を求める陳情
は、ともに総務消防委員会への付託でした。

どちらも大切な市民の声です。
しっかり聞く必要があります。

陳情を提出したとき(議長に提出します)、議長に陳情人の意見陳述の機会を設けてほしいとお願いをしました。

というのも、高松市議会ではこの4月から高松市議会基本条例が施行されいます。
市民の市政参画を大きく掲げています。
議長も就任のあいさつで「開かれた議会を目指して」「市民のみなさんにより身近な」と仰っていました。
条例14条には
「 議会は、市民の意見を活動に反映することがでるきよう、参画する機会の確保に努めるものとする。」
「委員会は、請願及び陳情の審査に当たって必要があると認めきは、その提出者の意見を聴く機会設けるものとする。」
と明記しています。
また、条例解説には、この第14条について、
「請願等を市民による政策提案と位置づけ、真摯に取り扱うため、委員会審査において、必要に応じて提出者からの意見陳述機会の確保を明記しています。」とあります。

***

「委員長!今回の安保法制に反対の意見書を提出をもとめる陳情は4件も出ています。それだけ市民の皆さんが危惧しているということです。ぜひ、意見陳述の機会を設けてください。」

新人のくせに、女のくせに、若いくせに、と思われたかもしれません。
それでも、言わなければならなかったのです。
紙切れ一枚渡されて審議なんてできっこないです。

議案は当局の職員さんが何人も何人もやってきて丁寧に説明してくれるのに、
陳情は紙面配布なんて、市民への冒涜です。

それでも、「ルールや運用面が決まってないから。」「時期尚早だ」「今後時間をかけてルールを作っていく」との返答。

***

条例は施行されているんです。
動いているんです。
公表されているんです。

その公開された条例をみて、これでやっと意見を述べる場ができたと期待を寄せて、早くから仕事の休みをとり、準備をされてきた方がいます。

車の外側はできているのにエンジンがついていない。
そんな条例です。

じゃあ、議会運営委員会のなかで自分が議論しろよ、と思われるかもしれません。
わたしたち少数会派は、議会運営員会には入れないのです。

大きな会派がすべて決めていく。

同じ議員なのに、わたしは傍聴席に座って、そのやり取りを見ています。
意見を述べることは許されません。

こんな議会、ありますか??

10人の委員の中で、たったひとり、「太田さんの言う通りや。紙切れの向こうにある、生の声を聞かないかん。ぜひここへ来てもろうて、お話しをしてもらうべきや。」と仰ってくれた議員さんがいました。
涙が出るほど嬉しかったです。

***

明日の討論でも、このことを発言するつもりです。
議事録にきちんと残る形で、今の市議会のあり方を訴えたいです。




by step_ayumi | 2015-07-09 16:12 | 政治 | Comments(0)

回数制限

夕方のニュースで、高松市議会の一般質問の回数制限についての特集が組まれました。

議会の中に入って納得いかないことが多いのですが、この回数制限については本当に理解に苦しむ制度です。


本会議は1年を通して4回、開催されます。
しかし。
一般質問はひとり2回まで、という規定があるのです。

ケーブルテレビでの議会中継が始まる際に、映りたい人が増えるから、というわけのわからない理由で
回数制限がされました。
しかしその後質問する人数は増えるどころか減る一方。

質問時間もずいぶん少なくなっています。

なんということでしょう。

全国の自治体をみても、こんなに後進的な自治体は珍しいです。

なぜ、みずから質問の回数を減らすのか。


また、討論や質疑などをする議員も少ないです。

議員の仕事は議会がすべてではない、という地域代表的な意識がまだまだまだまだ根強いです。


ほかにもたくさん、「???」があります。
市政報告会ではその「???」を市民の皆さんと共有し、考えていくきっかけになればと思います。



by step_ayumi | 2015-07-07 23:21 | 議会 | Comments(2)

高松空襲

昨日は、高松空襲から70年ということで、朗読会や空襲跡を歩く会に参加してきました。

c0347272_23572245.jpg
あいにくの雨でしたが、「歩く会」には娘も一緒に参加。

c0347272_23572825.jpg
今の片原町駅の北になります。鶴屋町国民学校跡地。

このすぐ東側の角には、焼夷弾ではなく、爆弾が落ち、熱風が凄まじかったそうです。

片原町東部商店街から西を見ると、西部商店街は火の海に包まれていた。
女性と子供は先に東へ向かって逃げることができたものの、
男性は逃げることを許されなかったそうです。

なんとか会長さんと副会長さんとが必死に掛け合い、新川まで逃げることができた、
そんな生々しいお話を伺うことができました。

いつも歩いている道。
いつもわたる橋。
いつも見る風景。
70年前の今日、そこは何もなかったのです。

私たちは、二度とおなじことを繰り返してはならない。
c0347272_23572563.jpg
c0347272_23571783.jpg
c0347272_23572046.jpg
閉校した新塩屋町小学校の門柱には、焼夷弾や吹き飛んできたものが当たった痕が残っています。

貴重な遺産です。

主催の方がおっしゃていました。
「永遠に「戦後」が続かなければいけない」と。
気が付いたら「戦前」で、あっという間に「戦時中」になってしまう。
それだけは絶対にだめだ、と。

この街に空襲があったことを知らない、多くのこどもたちに、しっかりと語り伝えていきます。

***

今日は一日中こもって作業などを。
考えなければいけないことや調べ物があるのですが、なかなか文章を組み立てられず。

深夜までかかりそうです。

明日からまた新しい週の始まりです。
1日1日大切に、がんばります。

by step_ayumi | 2015-07-05 23:51 | 高松市 | Comments(2)

初、一般質問

6月定例会において一般質問。

しかし、登庁前にどうしても寄らなければならない場所がありました。
中野町、六角堂(高松市戦災犠牲者慰霊堂)。
70年前の7月4日午前3時前、100機を超えるB-29が高松の街に飛んできました。
10分も経たないうちに辺り一面火の海になったとの証言もあります。

議会で安保法制に関した質問をする前に、
今日だからこそ、
きちんと、六角堂へ足を運び、高松空襲の犠牲となった尊い1359名の尊い命に哀悼の意をささげ、
不戦を誓い、議場へと向かいました。

六角堂 建立由来記 より
「 “よい戦争はない、悪い平和はない”。これを「タカマツの心」として、この六角堂に鎮まります御霊を守り続けて行かねばならぬ。」

***

一般質問は、もちろん緊張しました。
喉もカラッカラでした。

しかし、先般の市議選でHPで選挙公報を閲覧できたにも関わらず、
投票所入場券とともに送られてくる「お知らせ」の紙にそのことについて一言も触れられていなかったこと
(わたしも他の候補者の方の情報で閲覧可能なことを知りました)を問いただせたことは私の中で大きかったです。
「投票率向上を!」と謳っているにもかかわらず、
まったく親切ではないなぁとずっと釈然としなかったので。
今後は広報などでお知らせをしていくとのご答弁でした。

***

再質問は、通告の範囲を越えたことはできない、と注意を受けました。
それって活発な議論にならない…とも思いますが。

でも、こちらも再質問においてDV加害者の自助グループの運用など、検討課題に、とのご答弁をいただけました。

***

すべてが初体験。
「議長!33番!」もタイミングさっぱりわからないし、
最後の一礼は向きがおかしかったらしく「議長に礼せんか!」とのご指摘。
失礼しました。

c0347272_23595773.jpg
それでも、わざわざケーブルテレビを録画して見たよ!とお電話をくださったり、
普通のお母さんだったわたしの新たな船出に涙を流してくださる方がいたり。

始まったばかりです。

これからです。
アクセル全開、がんばります。

c0347272_23595302.jpg
傍聴に足を運んでくださった方、
インターネット、ケーブルテレビで視聴いただいたかた、
メールやメッセージをいただいた皆さま、
継続してしっかり厳しい目で見つめ続けてください。

ありがとうございました。

定例会はまだまだ続きます!
というかこれからが正念場です!
目が離せません!

by step_ayumi | 2015-07-03 23:41 | 政治 | Comments(5)

質疑

気がつけば7月です。
早い…早すぎる…。

7月、8月は予定がぎっしりです。
あっという間に9月議会を迎えそうな勢いです。

今日は植田真紀さんの質疑がありました。
墓園整備費の部分はわたしの提案でした。

風土として、墓石にこだわりを持つ人が多い土地柄なので、
なかなか難しい問題です。
庵治石という特産もあります。

けれどやはり、今後少子高齢化を迎えるにあたっては、無縁墓が急激に増える(今も増えているのですが)と思います。

今回、議案の中のたったひとつの補正予算、しかも平和公園の墓所整備という本当に究極にひとつのことについて、
真剣に何日も何日も悩み、調べました。
この8000万円の使い道が本当に正しいのか、
他府県の自治体の動きを調べたり、
実際に姥ヶ池墓地、紫雲墓地に行って現地を見たり。
重いバケツを両手に抱えてあの急な坂を登って行くご高齢の方を見ると、
やはり平和公園に平面の230区画を新規に造成することに納得がいかなかったり…。

今日の答弁で、「ご意見を参考にしながら今後の墓地整備にあたってまいります」との回答を得ることができたのがせめてもの救いです。

***

他の議案も、ひとつひとつじっくり掘り下げていけば、いくらでも「これはどういうことなんだろう?」
「どうしてこれだけの予算が組まれるの?」ということはあるはずです。

が、今回は初めての議会、ひとつひとつ見ていくという余裕がありませんでした。
悔しい想いが湧いてきます。

明日は一般質問。

まだ委員会も、討論もあります。
時間はありませんが、しっかりと考えていきます。

***

今日は、他党の先輩議員さんが「ブログ読んみょるでー」と声をかけてくださり、
あら、そんなこともあるのか、とまたまた新しい発見でした。

さて、明日とさらにその先へ向けて、もうひとがんばりします。


by step_ayumi | 2015-07-02 22:05 | 政治 | Comments(1)