人気ブログランキング |

太田あゆみオフィシャルブログ ~あゆみのあゆみ~ ayumirai.exblog.jp

高松市議会議員、太田あゆみ。無所属・市民派。厳しい目で見つめ続けてください!


by 太田あゆみ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

<   2015年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

アースデイ

日曜日の今日、豊島のアースデイに参加しました。

前回は行けなかった産廃処理現場を見ることができました。
資料館には、廃棄物の地層が展示してあります。
地中深く埋められた廃棄物、特にシュレッダーダストと呼ばれるタイヤくず、鉄くずなどが折り重なっていました。

最近になって地中からでてきたドラム缶もあるそうです。
先日も書きましたが、期日は迫っています。
しかし、丁寧な作業が求められます。

***

環瀬戸内海会議の資料をいただきました。

今、辺野古で埋め立てのためのボーリング調査がおこなわれていることはみなさん御存知かとおもいます。

埋め立てには、大量の土砂が必要です。
その土砂はどこから運ばれるのでしょう。

西日本各地です。

そしてその中には、わたしの住む香川県も含まれているのです。
小豆島の採石場から、辺野古まで砕石は運ばれる予定です。

山口、福岡、鹿児島、長崎、熊本、そして香川。

土砂の採掘は、環境を破壊します。
生態系への影響もあります。

埋め立てられる側も、そう。

いのちを大切にできない政治は政治じゃない。

土砂採取計画撤回の署名もおこなっていました。

***

環境。生活。いのち。政治。みんな、つながっています。
c0347272_23081922.jpg


by step_ayumi | 2015-05-31 23:19 | Comments(2)

WANシンポジウム

WAN(Women's action network)シンポジウムに参加しました。

バイブルのようにして読んでいる「市民派議員になるための本」著者の寺町みどりさん。
全日本おばちゃん党代表代行の谷口真由美さん。
クローズアップ現代にも出演された上智大学教員の三浦まりさん。
西宮市議会議員 よつや薫さん。
前和泉市議会議員 大橋涼子さん。

パワフルな女性たちの、熱い討論でした。

女性が政治に参加することをまだ良しとしない意識を持つ人が多くいるなかで、
それでも小さくても声をあげ続けることの大切さと、
そしてやはり特に若い女性が政治に参加することの壁の高さを感じました。

わたしが4年間でできることはたくさんありますが、
子どもを抱え、ひとり親でも、家庭のことと議員活動を両立することが可能だということを発信していくこともひとつだと思っています。

同じような環境の方が全国でどんどん政治参加をすすめていける、
その土台を築いていきます。

c0347272_18460662.jpg

そして、やはりわたしたちの生活は常に政治と一体です。
切り離して考えることはできません。

「政治に無関心でも、政治に無関係な人はいない」



地方で地道にできること、たくさんあります。



by step_ayumi | 2015-05-30 19:36 | 政治 | Comments(0)

議会運営委員会

議会運営員会がありました。

といっても、少数会派のわたしたちは参加をすることができないので、傍聴席にて傍聴しました。

***

議会運営員会の始まる前には、共産党市議団と市民派改革ネットの連名で
議長に申し入れをおこないました。

=====================
議会改革に関する申し入れ書

高松市議会では、昨年12月定例会において「高松市議会基本条例」を制定しましたが、何より重要なのは、高松市議会が住民に開かれ、さらに議会の議論の質を高め、市民の負託にこたえることだと考えます。
しかし、本会議での発言回数を制限することを多数会派だけで決めてしまうなど、市民の願いを届ける身近な議会において、議会本来の役割を議会自らが放棄している状況が続いています。さらには、費用弁償や海外視察もいまだに続いていることから、税金の使い道を決める議会が、特権の上にあぐらをかいていると言えます。
以上のことから、以前からの懸案事項である下記の件について、早急に改善していくよう申し入れを行います。

1.本会議での発言回数の制限を撤廃する
そもそも、本会議での議員の発言を制限してはならない。発言回数の制限は、市民の声を議会に届けるという議会本来の役割を果たすことに逆行している発言回数を制限した理由は、「(CATV中継を開始することを受け)質問者が増え、日程が延びて経費がかさむ」ということであったが、2010年と2014年の発言時間(答弁を除く)を調べると、2010年は一定例会平均約6時間なのに対し、2014年は約4時間40分とかなり短くなっている。このように、発言時間が増えていない現状を鑑み、年2回とする一般質問等の発言回数の申し合わせを早急に見直すべきである。

2.議会への市民参加を進め、開かれた議会をめざす
(1)委員会における請願及び陳情の審査に当たっては、必ずその提出者の意見を聴く機会を設ける。
 高松市議会基本条例第14条第3項には、「必要があると認めるときは」とあるが、議会への市民参加を推進するため、必ず意見を聴くようにする。
(2)委員会の同日開催をやめ、傍聴人の人数制限を撤廃する。
 本来は、本会議・委員会とも広く市民に公開されるべきである。そのために、現在の同日開催をやめ、広い委員会室を利用することで傍聴人数の制限を廃止すべきである。さらに、所属外の議員も審議の内容を知ることができる。

3.市民感覚から大きくずれた不必要な支出をやめ、議会の情報公開を進める
(1)費用弁償の廃止
 議員が議会に出席するのは当然であり、「報酬の二重取り」になっているお手盛りの制度を早急に廃止すべきである。
(2)海外視察の廃止
 4年間の任期中に一度、期数の多い順に順番が回ってくるような海外視察の制度はお手盛りにすぎず、早急に廃止すべきである。
(3)政務活動費の使途の公開
 政務活動費の使途(領収書、会計帳簿を含む)を市議会のホームページで公開することで、市民に対し説明責任を果たしていく。

4.少数会派も議会運営委員会に入れる
 議会運営委員会は、議会の運営や議会改革など、全議員に関わることを議論する場であることから、多数会派だけで構成するのではなく、多様な議員で構成し、活発に議論をしていくべきである。
以上
===================== 

わたしがこだわったのは委員会の同日開催をやめることです。
いくら議事録が作成されるとはいえ、やはり自分の目で見て知りたいし勉強したい。
傍聴にくる市民の方だって同じです。

「開かれた議会を目指して」という議長の所信表明の中にあった言葉を信じています。

***

そしてわたしは初の議会運営員会傍聴でした。
6月議会の日程詳細などが決められました。

また、議会基本条例の未策定の部分についても話し合われました。
議会基本条例では、議会報告会を開くことになっていますが、その詳細までは決まっていません。
同じ香川県でも、観音寺市は議会報告会の名称を「市民と議会のつどい」に変更し、
数日にわたり、会場を変えて市民が参加しやすい形を取る工夫をしています。
https://www.city.kanonji.kagawa.jp/info/gikai/100630-1.html
録画やアンケートをネット公開するなど、高松市に比べるとかなり進んだ取り組みです。
今日、議会運営委員会でも「議会報告会」について触れられましたが、予定表をみると開始予定は来年3月以降…。

そのほかの協議項目についても、実際の運用はまだ未来の話です。
とりあえず議会基本条例は作りましたよ、というのではなく、きちんと条例に則り、
まさに市民に開かれた議会になることをのぞむし、動いていきます。



by step_ayumi | 2015-05-29 21:43 | 政治 | Comments(4)

2015.05.28

先日の説明会や視察。
ひと通り担当課の方からのお話しはあったものの、
自分の中でもう一度資料に目を通して、
噛み砕いて、
わからないところは聞くようにしています。

見えていなかったところが見えたり、
新しい課題を発見したり。

***

それにしても。
机の上がすぐにいっぱいになります。
どうにかしてペーパーレス化できないものなんでしょうか。

どうしても紙じゃないといけないものもあるけれど、
こんなに大量の紙を日々使っているのかと驚きます。

方法を模索しながら、

まずは議会から、ペーパーレス化を図っていく必要があるのでは。

***




by step_ayumi | 2015-05-28 22:06 | Comments(0)

議会改革

高松市議会では、一般質問の回数がひとりあたり年間2回までと決まっています。
6月と9月に質問をすれば、12月、3月は質問をすることができないのです。

そもそも2004年3月議会よりケーブルテレビの中継が導入され、
その「導入に伴って発言者が増えることが予想されるために」回数制限がされたのです。

しかし、ふたを開けてみると発言者数は横ばいで、とても急増したとは言えません。
質問に費やしている時間もかわらない。

なんのための制限なのか、回数制限を解除しない理由が見えません。

***

この1カ月の間、わたしは全国各地の自治体議員の方と出会いました。
新人の方もいるし、何期もつとめられている方も。

他自治体の議会の話を聞いていると、とても活発な議会運営がされています。

指をくわえて見ているのではなく、植田まきさんと力を合わせ、
市民目線での議会改革に取り組んでいく、決意がより一層深まった今日の夜です。

**




by step_ayumi | 2015-05-27 22:59 | 高松市 | Comments(4)

テトラパック

午前中に市役所での仕事を終わらせ、
午後はPTAのお仕事で学校へ。

今日は給食にポンジュース(パックのミカンジュース)が出る日でした。
ポンジュースのパックはテトラパックと言って、ベルマークと同じ要領で点数(テトラパックは重量によって点数が決まります)を集めて物品へ交換することができます。

平日の昼下がりでしたが多くの保護者の皆さんが来てくださって、思った以上に早く作業が進みました。

http://www.packgrowsback.com/ja

***

娘の通う小学校では、2年間のベルマーク活動で、
この春、テントを2張購入しました。

クラス数が増え、運動会にはこどもたちの日よけ、また紫外線対策として大いに活躍してくれそうです。

今年度もベルマーク、テトラパック、使用済みカートリッジなど、できるところから取り組み、
子どもたちに還元していけるように活動していきたいと思います。

PTAの本部役員は初めてでわからないことも多々ありますが、
まわりの皆さんの多大なご協力で、ひとつひとつ大切に終わらせることができています(*^_^*)

by step_ayumi | 2015-05-26 23:58 | Comments(2)

13階

今日のお昼は13階の大食堂にて。

調べ物をしていて気がついたら13時半になっていたので慌てていきました。
定食が2つしか残っていなかったのですが、日替わり定食をいただくことができました。

c0347272_15022143.jpg
遠く、サンポートや島々を眺めながらの昼食。

写真は暗くてよくわからないけど、チキンカツ定食です!!
おごちそうさまでした。

市役所の中もまだまだ行ったことのない場所がたくさん。
いろんな課を訪れながら、覚えていきます。



by step_ayumi | 2015-05-25 17:35 | 高松市 | Comments(0)

ひとり親家庭講演会

朝、自治会の運動会がありました。
前日までお天気が心配でしたが、雨が降ることもなく、運動会日和となりました。
c0347272_00191916.jpg
滞在可能な時間が短く、
子供会のバザーのお手伝いも思うようにできずに申し訳なかったです...。

その後すぐに、「香川県母子寡婦福祉連合会」高松支部の総会へ出席。
c0347272_00194504.jpg
神戸学院大学の神原先生の講演を聞きました。
特にひとり親家庭では深刻な問題となる18歳の壁。
児童扶養手当や医療費の助成などが切れる18歳。と同時に大学受験。
受験料や入学金などの負担が一気に押し寄せます。

今日、資料としていただいた「たかまつひとり親家庭サポートブック」には市の支援制度が多く掲載されています。
わたしが知らなかったこともあります。
きちんと周知をして、ひとり親家庭のこどもたちがいきいき育つことができる社会、
ひとり親のお母さんやお父さんが働きながら子どもと向き合える時間と心の余裕が持てる社会になればと思います。


by step_ayumi | 2015-05-24 23:57 | 高松市 | Comments(2)

地方×国策研究会

「地方×国政策研究会」に参加してきました。
ちょうど昨日、新病院の建設地を訪れたということもあり、
公立病院改革ガイドラインの話をこのタイミングで聞けたことは意義がありました。

c0347272_15023562.jpg

毎日が勉強です。

介護、病院、ともに大切な課題です。

法律の読み込みと共に、さらに知識を深めていきます。


by step_ayumi | 2015-05-22 22:02 | 政治 | Comments(0)

市内施設視察

新人議員に向けて第5次高松市総合計画の説明会がありました。
詳細を掘り下げて、市民の視点で計画を見つめていきます。

***

午後は市内の主要施設視察へ。

c0347272_23073252.jpg
仏生山町にて造成中の新病院整備地です。
当初の計画からはずいぶん遅れているようですが、着々と整備が進められています。
c0347272_23075118.jpg
造成の際に出るたくさんの岩石は、砕石して砂利状にし、リサイクルして使うそうです。

c0347272_23074322.jpg
埋蔵文化財の発掘調査中。
「これは、高床式の住居ですね。」
仏生山のあたりは岩盤がしっかりしているので、住居跡がたくさんあるそうです。
暑い中、また土埃の舞う中での作業です、頭が下がります。

c0347272_23080269.jpg
コトデン仏生山駅の隣には、貯水池とパークアンドライドの駐車場を整備中。

**

香南町の幼保連携型認定こども園「高松市香南こども園」へ。

c0347272_23083587.jpg
3年前に開園した香南こども園。
グラウンドも屋内も広々。

http://www.youho.go.jp/gaiyo.html

PTAと保護者会の一本化、
「保育士」「教諭」ではなく「保育者」と呼んでいること、
育休をとる際、保育所から幼稚園に移らなければならなかったのが同じ施設の中でスムーズに移行できること、
こども園に伺うのは初めてだったので、新しく知ることがたくさんありました。

c0347272_23081922.jpg
c0347272_23082718.jpg
現在は230名のこどもたちが在籍しています。
「ばいばーい」と手を振ってくれました(*^_^*)

***

最後は牟礼へ。
「高松市牟礼支所」
「牟礼保健センター」
「地域包括支援センターサブセンター牟礼」
「牟礼コミュニティセンター」
が同じ建物の中にあります。
c0347272_23084271.jpg
今後、地域行政組織再編のため、支所は「総合センター」としてうまれかわります。


まだまだ知らないことがたくさんあり、毎日が発見・学びの連続です。
たくさん入ってくる情報のなかから、しっかりと課題を見つけていきます。

**




by step_ayumi | 2015-05-21 23:45 | 高松市 | Comments(11)