人気ブログランキング |

太田あゆみオフィシャルブログ ~あゆみのあゆみ~ ayumirai.exblog.jp

高松市議会議員、太田あゆみ。無所属・市民派。厳しい目で見つめ続けてください!


by 太田あゆみ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

<   2015年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

楽しく!

こんにちは。

子どもとおとな、総勢50名での食事とボーリングでした!
なんとか無事に終えることができました。
c0347272_18193178.jpg
お母さんのいうことはなかなか聞かないけど、
ボーリング場のお兄さんのいうことは素直に聞く子どもたち(*^_^*)

年上の子が、自然に低学年の子のお世話をしたり、投げ方を教えてあげたり。
楽しい!と喜んでいる姿、嬉しかったです。
さて、あとは最後の引き継ぎ理事会と、年度末の公園清掃のみ!
がんばります!

*****

14時すぎにボーリングが終わり、
来客の予定があったのですぐに事務所へ。

昨日生けた、菜の花と梅が好評です。

夕方は、アルファあなぶきホールの前で「あゆみのあゆみ」を配布!
c0347272_18192703.jpg
ちょっと移動は大変ですが、このカートの人気はすごい!

今日は女子高生が「わー、かわいい!写真撮らせて下さい!」とパシャパシャ。
小さな子どもたちもたくさん寄ってきます。

海辺で風は冷たいですが、受け取りもよかったし、話を聞いてくださる方も。
マイクを持ってなかったのでそれ以降の街頭アピールはできませんでしたが、明日もどんどん動きます!
楽しいー!!

*****

とにかく楽しく活動をする。
そして本気で活動をする。
それに尽きると思っています。

**

あゆみ


by step_ayumi | 2015-02-28 19:15 | こども | Comments(2)

あゆみのあゆみ

ニュースレター「あゆみのあゆみ」第3歩ができあがりました!
ジャン!
c0347272_19575309.jpg
なんと、第3歩(第3号)は、カラー刷りです!!
いつもどおり、駅頭での配布、街頭での配布を中心にみなさまにお届けします。
今日は刷り上がったばかりの「あゆみのあゆみ」を持って、ご近所へ。
『太田あゆみ』という名前をしっかり覚えてくれている方がいて、感激しました。

空回りすることもたくさんありますが、今経験していることは、これから先の人生にとって、プラスになることばかりです!

*****

昨日の朝日新聞の特集。
2015統一地方選【全国自治体議会アンケート】
●地方議会はいま http://www.asahi.com/articles/DA3S11621101.html
●議員の議案賛否、公開議会は52% http://www.asahi.com/articles/DA3S11621243.html

全国1788自治体議会へのアンケート集計に基づいた記事です。
高松市議会は、議事録の公開をしている、委員会傍聴がある、女性議員は定数40名(現在38名)のうち6名です。

でも、よくよくその中身を見てみると、「開かれた議会」と呼ぶにはまだもうひと押しが必要なんじゃないかと思います。
昨年、ようやく高松市議会基本条例が策定され、この4月1日から施行になります。
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/23421.html(高松市ホームページ)
第14条には「市民参加の推進」についての記載があります。
が、「務めるものとする」「必要と認めるときは」という文言が並び、きちんと市民に寄り添った形で実現されるのかなぁという思いが拭えません…。

市民が政治をみつめ、政治も市民と向き合う。
ほんとうに「開かれた議会」と呼べるよう、さらなる議会改革が必要だと考えています。

それから、市議会の会議録検索システムが新しくなるようです。
今の検索システム、もう少し使い勝手が良くなればいいのに、と感じていたので、新システムに期待大!!

*****

早いもので、もう3月目前です。
気ぜわしく、あっという間に時間が過ぎます。

娘の話をなかなか聞いてあげることができず、反省しています。
明日は、1年間理事をさせてもらった子ども会の最後の大きな行事です。
1年でみんな大きくなりました。
そしてわたしも、子どもたちのおかげで成長させてもらうことができました。
最後まで気を抜かず、しっかりと次の理事さんにバトンタッチしたいです!

c0347272_19575023.jpg
あゆみ





by step_ayumi | 2015-02-27 22:30 | みんなと未来へあゆみ隊 | Comments(0)

雨ふり

朝から強い雨。
レインコートを着て辻立ちです!
今、風邪を引くとシャレにならないので、いつも1カ所目に立っている交差点はお休みして、
時間を短くしてもうひとつの交差点に行きました。
雨の日でも、通勤のバイクや自転車の色とりどりのレインコートを見ているとウキウキしてきます。
最近のカッパっておしゃれなんですね!(カッパって言わないのかしら?)
いつもとは違うカラフルな朝でした。
c0347272_19361272.jpg
わたしは、テロテロの薄~いカッパ。
袖口からじゃんじゃん雨水が腕へ流れ込んできました(@_@;)

*****

夕方、先日ご挨拶に伺った先方さんの計らいで、人数の集まる場所にお招きいただき、
わたしの想いを、短い時間でしたがお話してきました。

拙い話です、緊張して早口になります、特に時間が○分と決まっていると余計早口になります、
それでも真剣に耳を傾けてくれたみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

どこにでもいる、ごくごく普通のお母さんが政治を目指そうと思った理由。
女性が政治に参加することへの、根強い偏見。
地方都市ならではの、地元意識の強さ。
わたしのスタンス。

少しでもわたしの情熱や想いが伝わっていれば幸いです。

ありがとうございました。

*****

1週間があっという間に終わります。
充実している証拠なのか、焦っている証拠なのか…。
これから先、ますます時間を大切に有意義に使っていきます。

* *

★フォロー、いいね!、よろしくお願いします。

Twitter @ayumi_step (https://twitter.com/ayumi_step)
Facebook https://www.facebook.com/step.ayumitai 
web http://www.ayumirai.com/

*****

あゆみ

by step_ayumi | 2015-02-26 19:58 | みんなと未来へあゆみ隊 | Comments(0)
毎朝続けている辻立ち。
決まった場所で決まった時間に立つこと1カ月。

顔を覚えてもらうまでになりました。
「毎日早くからご苦労さん!」と声をかけもらったり、
毎朝同じ方が手を振ってくれたり。
自転車通勤の方も元気に挨拶してくれます。

今日はわざわざバイクを路肩に停め、ヘルメットを外して声をかけてくれた方がいました。
「がんばってください!」と。嬉しいです!

ありがとうございます。

*****

フィンランドの育児パッケージ2015年版の内容が発表されました。
http://www.kela.fi/web/en/maternitypackage

フィンランドは世界で一番子育てしやすい国とも言われます。
この育児パッケージは、フィンランド社会保険庁(KELA)から出産時に支給される母親手当の一部です。
(手当は、現金支給か育児パッケージかを選択することができます。)

この制度が今から70年近く前に始まったというから驚きです。

パッケージの中身も、母親からの意見や要望を取り入れ、毎年すこしずつ変わっていきます。
赤ちゃん用の体温計(2015年の新アイテム!)や爪切り、ブラシもあります。
赤ちゃん用品だけではなく、避妊具や母乳パッドも入っています。
そして、外箱は新生児のベッドとしても使えるのです!!
すごい…。
デザインも北欧ならではの温もりがあります。なんて可愛いの…。
毎日のお着替えが楽しくなりそうです♪

他にもフィンランドには「ネウボラ」という、子育て支援施設があります。
http://www.asahi.com/articles/DA3S11597494.html(朝日新聞より)

ネウボラというのは「助言の場」「アドバイスの場所」という意味で、妊娠期から就学前までの子育てを支援します。
母親と子どもだけではなく、父親や子どものきょうだいにも面談をおこないます。
担当制で、妊娠期から就学前まで基本的に同じ人が継続的にサポートするというのも大きな特徴。
わたしが娘を出産したとき(11年前)は、妊娠時の母子手帳の交付、出産後の保健師訪問(1カ月)、6カ月健診と、行政の支援はずいぶん間をあけたものでした。
間で妊婦歯科検診などもありましたが、つわりが長く重かったため、検診は受けられませんでした。

いま、日本でもこの「ネウボラ」を参考にした支援施設が各地に広がりつつあります。
政府も、支援センターを全国に展開する、としています。

子育てへのきめ細やかな支援は必須課題となっています。
子育て中のお母さん、お父さんを孤独にさせない取り組みが大切だと思います。
そこへ行けば必ず誰かがいて、話を聞いてくれたり、アドバイスをもらえたり、小さなSOSをキャッチしてくれるような、そんな支援センターになることを期待します。

*****

あゆみ





by step_ayumi | 2015-02-25 21:05 | 子育て | Comments(0)

歩いています!

25年前、いや、もう30年近く前に住んでいた地域を回ってきました。
やはり平日の昼間ということで在宅率は低かったですが…。

わたしの住んでいたアパートは今も健在です。
お風呂のない長屋ですが、銭湯に行けば毎日同じ顔ぶれで、わたしはたくさんの大人に囲まれて育ちました。
生活はお世辞にも豊かとは言えなかったけど、わたしは心豊かに育ちました。
高松市に何軒もあった銭湯ですが、今は数えられるほどしか残っていません。
わたしが幼いころに通っていた銭湯もずいぶん前に廃業しました。
そんな中、わたしの住む地域で2軒の銭湯が今も営業を続けておられることは、ちょっと自慢だったりします。
家と家の間から見える長い煙突。
大好きな風景です。

さて。
挨拶まわり。
インターホンを押しても、出てきていただけないことも多々あります。
そんな中で、「小学校低学年の時にすぐそこの長屋に…」と言いかけたら
「あらー!太田さんとこの!まぁー!!大きぃになってー!あらー。」と気付いてくださる方もいました。
『大きくなった』の次元は越していますが、無事、大人になりました。
これも、身体が不自由な母に代わって、なにかと面倒をみていただいたご近所の方々のおかげです。

30年の時の流れの中で、すっかり変わってしまった景色もあれば、
なにも変わらない懐かしい景色もあります。
わたしと、わたしをとりまく世界は、この1年で急激に変わりました045.gif
まわりの環境も変わったし、生活も一変。
流されることなく、常に自分の芯を持ってこれからの毎日を過ごしていきたいです。

だんだんと陽が長くなってきました。
まだ寒さは残りますが、確実に春は近づいています。
季節の変わり目、ご自愛ください。

**あゆみ**

by step_ayumi | 2015-02-24 18:45 | 高松市 | Comments(0)

公共交通機関

歩いています!と言いたいところですが、自転車乗ってます!!

わたしの住んでいる場所は特に、市の中心地にも近く、郊外へも行きやすく、
自転車で生活するのにもってこいの場所です。
(だから、どう考えても費用弁償(議員さんの交通費)が1日6000円というのは考えられない…)

しかし、やはり自転車に乗れない高齢者には、厳しい環境かもしれません。
いろんな方と会う中で、運転免許証を返納したという何人かの方に「公共交通機関の充実を切実に希望する」というお話を伺いました。
高松市では昨年から、70歳以上は公共交通運賃半額の制度が始まりました。
電車からバスの乗り継ぎ割引も20円から100円に拡大されました。
山間部や郊外地域にはコミュニティバスや乗合タクシーも整備されています。

数年前に比べると、公共交通機関環境は格段に充実してきたと思います。

でも、わたしはよく、バスの停留所にベンチも屋根もなく、雨の中をなんとか時刻表につかまって立っているご高齢の方を見かけます。
本数の少ない路線では、費用対効果を考えるとベンチや屋根の設置が難しいのでしょうか…。
道幅の狭い路線でもなかなか整備はできないのかも…。
せっかくここまで路線や割引制度の整備がおこなわれたのだから、バス待ちの環境ももっと利用者に優しくなれば、と思います。
高齢者が、「お出かけするのがわくわくする!」と思えるような、そんな街になればいいな。

皆様のご意見もお聞かせください!

【参考】高松市HP
・公共交通利用促進に資する施策(乗り継ぎ運賃割引)
・公共交通利用促進に資する施策(高齢者公共交通運賃半額制度)

by step_ayumi | 2015-02-23 19:33 | 高松市 | Comments(0)

地域回りと講演会

こんばんは。

自分の住んでいる地域をまわっています。
日曜日の午前中といえど留守のお宅もあり、なかなか思うようにはいきません。

それでも、同級生の実家は本当にあたたかく迎え入れてくれて嬉しいです。
十何年も会っていない友人の近況が知れるのも、地域回りの楽しみのひとつ。

「ハガキ、友達の名前書くよ!」と快く公選ハガキの記入を引きうけてくれたご近所さん。

「あら、この間ポストに入ってたん読んだよ」と言ってくれた方。

「若い方が…ありがとうございます」と深々と頭を下げてくださった方。

飛び込み営業など経験もなく、ただでさえ人見知りなわたしは、インターホンを押す瞬間に緊張がピークになります。
それでも顔を合わせて話をすると、不思議に緊張はなくなります。

いろんな人がいろんな場所で生活をしていて、
ひとりとして同じ人はいないけど、それぞれを大切にできるような、それぞれに寄り添えるような政治を志したいです。

*****

午後は、香川子どもといのちを守る会主催の講演会へ。
東京都小平市から岡山へ移住された三田医師のお話。

実際に医療の現場で子どもたちを診てきた三田医師。
参加者の中には移住者の方が多くみられました。

わたしが気になったのは、防災計画。
福岡市地域防災計画 (福岡市の防災計画HP)
「風水害対策」「震災対策」に加えて「原子力災害対策」がきちんと盛り込まれています。
福岡県には原子力発電所はありませんが、佐賀県に玄海原子力発電所があります。
災害の想定から心身の健康相談体制の整備まで、かなり細かく作成されています。

一方、こちら高松市地域防災計画
「一般対策」「地震対策」「津波対策」。
<原子力>の文字は見当たりません。

三田医師が伊方原発の被害シュミレーションの動画を流してくれました。
西から風が吹けば、風にのり、四国山脈に沿って東へと流れます。
香川県の放射能濃度は、みるみるうちに緑→黄→赤へと変化しました。

伊方原発で大規模な事故が起これば…。
わたしは、ここ高松でもきちんと災害計画を策定するべきと考えます。
そして市民に広く周知しなければいけません。
伊方は愛媛県でも西端。
「関係ない」「ここは大丈夫」「大げさすぎる」
そう思っている(そこまでも思っていない?)人が多いのが現状ではないでしょうか。

ここ最近、香川県では地震が立てつづけに起こりました。
災害は起こり得るんです。

4年目のあの日を目前に、
もう一度きちんと福島第一原子力発電所の事故と現在に向き合い、
これからどうあるべきか、どうするべきかを考えなければいけないと思いました。

*****

あゆみ


by step_ayumi | 2015-02-22 21:15 | 高松市 | Comments(9)

おしゃべり会【第3回】

第3回目のおしゃべり会でした。

回を重ねるごとに新しい顔が増えるのが嬉しいです。
今日もテーマにとらわれず、いろんな話ができました。

介護の問題、原発について、待機児童のこと、
これからの活動について。

「楽しかった」
「来月もまた来ます」
そんな声がきけて良かったです。

*****

昼前には、同級生の家を訪問。
友人は県外で暮らしているのですが、わたしのことを覚えてくれていたお母さんが
「いやー、若くて情熱がある人が、しかもこんなに身近におるなんて嬉しい!」とありがたい言葉をかけてくれました。

ほんと、わたしには情熱しかないと思ってます。
変えたい、今のままじゃダメだ。それだけです。
知識も能力もないけれど、がむしゃらです。

「声を上げてくれてありがとう」
その言葉を支えに、今日も明日もがんばれます。

*****

あゆみ


by step_ayumi | 2015-02-21 15:53 | みんなと未来へあゆみ隊 | Comments(0)

うまれた日

11年前の今日、高松市内の病院の一室で、娘は産声を上げました。

前日から降り続いた雨が上がり、春間近な陽射しが部屋に入ってきました。

自分の中にもうひとつの命がある。
それを知った日から、早く会いたいと思いました。

娘が産まれて、昨夜まで大きかったお腹がすっかり小さくなったのを見て、少し寂しくなりました。

命が繋がっていくことの素晴らしさや、
誰かのために自分が必死になれるということ。

11年経った今でも、娘には教えられてばかりです。


「お母さん、産んでくれてありがとう」
そんな大人びたことを言うようになって、やっぱりちょっと寂しい。(嬉しいけど。)

ここのところ、まともに話もできていないので、
今日はゆっくりたっぷり時間を取ろうと思います。

お誕生日、おめでとう。いつも、ありがとう!

あゆみ





by step_ayumi | 2015-02-20 15:04 | Comments(0)

わたしの活動

今朝は自宅から自転車で20分ほどの場所にある駅でニュースレターの配布をしました。

行く途中で、「太田さん!!」とご近所の方が声をかけてくれました。
「朝早くから頑張るねぇ、気をつけていってらっしゃい!」と。
寒くて眠くてきっとしかめっ面で自転車こいでたと思います、わたし。
一気に寒さも眠気も吹っ飛びました。
嬉しいーーーーーー!!!

おかげで駅頭配布も元気よく、笑顔で200部ほど配布することができました。
同じことの繰り返しになるかもしれませんが、こんな寒い日の朝に、
わざわざポケットから手を出して受け取ってくださるということ自体、ありがたいです。

駅の待合所で熱心に読んでくれている方がいたのでお声かけしました。
「読みにくくないですか?わかりにくいところ、ないですか??」と。
「うん、大丈夫です、これくらいの(文字の)大きさなら読めるし、わかりやすいです」とのお返事。

内容を詰め込もうと思ったら字が小さくなるし、
文字を大きくしたら文字数は必然的に減ってしまうし…。
イラストも写真もいれたいし…。
いつも何度も何度も書き直します。

直接ご感想をいただけることで、また次に繋がります。

*****

昼からも予定がギュウギュウ。
よく歩いて本当にたくさんの方に出会い、顔をみてお話しできた日でした。
一緒に歩いてくださったご近所さんに感謝です。
誰かのために何かをするのは時間もかかるし、エネルギーも使います。
それをかって出てくださる方がいるというのは心強いです!

とにかく今大切なのは、何人にお会いできるかということ。
どれだけの方にわたしの存在を知らせることができるか。
組織も後ろ盾もお金もない中で、頼りになるのは自分の足・体力です。

*****

よく、「ポスター作らんの??」と聞かれます。
今、高松でも二連ポスターがありとあらゆるところに貼られています。
公職選挙法では、任期満了の6カ月前から立候補予定者個人のポスター掲示を、選挙のための「事前運動」として禁止しています。
そこで誰か(多くは地元選出の国会議員)と並べて、政党(または政治団体)の政治活動用のポスターとして貼りだすことが多いです。


作らないことにしました。

「お金をかけない市民の立場での活動」を明確にしたいという想いからです。
そして、既成政党、巨大政党のポスターに対抗して自分のポスターを作る、というのはわたしの考えとは違う気がするからです。
ポスターを作るだけの資金的余裕もありません

わたしはわたしの活動をします。
自分の足で歩いて人と会い、お話しすることの時間を惜しみせん。
駅頭でひとりひとりの顔を見ながらニュースレターを手渡します。
街頭スピーチのときに、「是非お読みください」と訴えかけながら手渡します。
考えが甘い、効率が悪い、ともいわれます。
確かにそうかもしれません。

でも、ひとりの市民、ひとりの母親の視点に立っての活動、というところをぶれさせたくなかったのです。

…思いのほか、頑固なんです。

※無所属でも二連ポスターをカンパで作る方もたくさんいます。そこはまったく否定しないです!あくまでわたし個人の状況と考え方です。

*****

明日は、特別な日なので一生懸命日中に作業を終えたいと思います!

あゆみ
c0347272_20200298.jpg

by step_ayumi | 2015-02-19 20:16 | 政治 | Comments(2)