人気ブログランキング |

太田あゆみオフィシャルブログ ~あゆみのあゆみ~ ayumirai.exblog.jp

高松市議会議員、太田あゆみ。無所属・市民派。厳しい目で見つめ続けてください!


by 太田あゆみ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

<   2014年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2014年の終わりに

今日で2014年が終わります。

まだまだ夜中まで作業は続きますが…。

去年の今頃は、テレビを見てのんびりコタツのなかでごろごろしていました。

でも、心の中には沸々としたものを抱えていました。

年が明け、春になっても、心の中にあるものはわたしの中から出て行こうとはしません。

季節はめぐり、夏になりました。

わたしは、迷っていました。すごく。

自分のやろうとしていることがあまりに大きすぎて、

家族や友達、娘のことを思うと、一歩踏み出す勇気がなかなかでませんでした。

夏の終わり。

「迷ったときこそ、前だけを見て、まっすぐまっすぐ進め!迷ったら、やる!」

という、とある方の言葉で、わたしの中にあったもやもやは、スッと消えました。

やるしかない、そう決意しました。

8月30日のことでした。

娘に相談すると、

「お母さんは、お母さんのやりたいと思ったことを最後まで一生懸命すればいいよ」

と優しく言ってくれました。嬉しかった。

それから、仕事をしながら、これから先のことを考える生活が始まりました。

世の中では、消費税が上がり、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈変更がすすめられ、秘密保護法が施行されようとしていました。衆議院選挙もありました。

11月に政治団体「みんなと未来へあゆみ隊」を作りました。

c0347272_10373278.jpg

(事務所に来てくださったみなさんが一言書いてくれる掲示用紙です♪)

忙しい日々の合間に、議会の傍聴に行きました。

驚く光景を目の当たりにして、わたしの決意はより一層強固になったのです。

今年、わたしはかけがえのない友人と出会うことができました。

逆に、遠ざかっていった友人もいます。

自分が動くことで何かが少し変わるということを知りました。

自分が動けば、あらさがしをして、叩きたがる人がいるということを知りました。

この世はまだまだ捨てたもんじゃないということと、

この世は絶望に近い状況にある、という両局面を見ました。

2015年は、わたしの人生の中で最も忙しい年になることでしょう。

それでも。お母さんとしての毎日の家事はきちんとするし、

娘と過ごす時間も大切にします。

そして、市民の声がきちんと届く高松市を創れるよう、精一杯がんばります。

弱者が排除されることのない、だれも「寂しさ」「孤独」を感じない社会。

こどもたちが希望を持って生きることができる未来を描いていきます。

今年1年、わたしに関わっていただいたすべてのみなさまに、

心より感謝いたします。ありがとうございました。

どなたさまも、心も身体も健やかに、よいお年をお迎えくださいませ。

太田あゆみ


by step_ayumi | 2014-12-31 22:30 | 政治 | Comments(0)

大1回おしゃべり会

今日は、「みんなと未来へあゆみ隊」の第1回目のおしゃべり会でした。

年の暮れの忙しい平日、また、周知も充分ではありませんでしたので

少人数での開催となりました。

それでも、それぞれに今年あったことをざっくばらんにお話しすることができました。

c0347272_10372977.jpg

わたしの2014年は人生の中でも大きな大きな転機となった1年でした。

まだまだこれから、いろんなことがたくさん起こるとおもいます。

次回のおしゃべり会は

2015年1月17日(土)

「みんなと未来へあゆみ隊」事務所(松島町2丁目5-11 西側)

テーマは”2015年こんなことがしたい!”

政治のことだけではなく、子育てのこと、仕事のこと、趣味のこと、

家庭のこと、何でも一緒に楽しくお話ししましょう。

その中から、課題や解決策を考えていければ嬉しいです。

参加費は無料です。どなたさまでもお越しください。

※駐車場がありません。お車でお越しの方は、近隣のコインパーキングをご利用ください。電車は、コトデン志度線「松島二丁目」駅下車、11号線を挟んで向かい側です。必ず横断歩道を渡ってください。

お正月は、また寒波がやってくるそうです。

みなさま、ご自愛ください。

あゆみ


by step_ayumi | 2014-12-30 16:20 | Comments(0)

わたしのことを知ってくださった方が、わざわざ事務所にお電話をかけてきてくださいました。

「声だけで、元気なんがわかるなぁ。ガッツがあるなぁ。」と。

30分お話しました。

今度事務所を覗いてくださるそうです。

支援の輪が広がっていくこと、嬉しいです。

自分のやっていることは間違っていない、と実感します。

「みんなと未来へあゆみ隊」は11月に設立しました。

最初はみんなで集まる場所もなく、話し合いがまとまらないことも多かったです。

今は、やれる人がやれるときに、やれることをやる。

事務所のお留守番がなかなか確保できないのは、

お母さんが中心になって活動するので仕方ないのですが、

ひとりは欲しいところです…。

今日は、領収書の整理をしていました。

大きなお金が出ていくのは、必要な分として(看板の印刷代や送料)、

細かなところはもっと抑えていかないといけないと思いました。

灯油代が大きな痛手です。

電気代も、帰るときにはすべてのプラグを抜いて待機電力を減らすようにはしていますが、請求がドキドキします。

文房具等は家にあるものを使っています。新規購入はしていません。

机も椅子も、全部支援してくださる方からの借り物です。

微妙に高さの違う事務机とダイニングテーブル、わたしは気に入っています。

整理ができたら、ホームページに収支状況を掲載します。

「みんなと未来へあゆみ隊」はみなさまからのカンパに支えられ活動しています。

明日は午前中に事務所のお掃除です!


by step_ayumi | 2014-12-29 16:19 | Comments(0)

君の心が戦争を起こす

羽仁五郎さんの著書、「君の心が戦争を起こす」を読みました。

読んだ、と言っても時間がないのでかいつまんで読みました。熟読したいです。

初版は1982年。わたしが2歳のとき。

今だからこそ、読みたい本だと思います。

「戦争をふせぐのは、君の心だ。

君の心だけが戦争をふせぐことができる。

もしそうしなかったのなら、やはり、

君が、戦争を起こしてしまうのだ。」

「平和のなかにたくさんの戦争のタマゴがうごめいている」

(「君の心が戦争を起こす」より引用」)

この国の代表として国会の中にいる人が

「戦争をするにあたって‥ いや、失礼、集団的自衛権を行使するにあたって‥」

と発言しました。映像も見ました。

わたしは、怖いです。

戦争なんてしていいはずがない。

自分の子どもが誰かに銃を向ける?向けられる?

まっぴらごめんです。

内閣官房の公式サイトでは、集団的自衛権の行使容認について

「戦争への道を開くものではありません」としている。

でも、「戦争をするにあたって…」と言ってしまうのです。

==========================


建て替えによって取り壊された高松市民文化センターの1階には

「平和祈念室」がありました。

たくさんの書物や資料、映像が整備され、

おもに高松空襲について学ぶことができる場所でした。

空襲警報がけたたましく鳴り、

B29の爆撃によって穴のあいた鉄兜や、焼け焦げたお弁当箱が展示されていたと記憶しています。(市民の方からの提供品でした)

わたしは、幼い娘をつれて何度も何度も通いました。

行くたびに、小さなスペースに設けられていたコーナーで折り鶴を折り、

平和を願ってきました。

高松でも、こんなことがあったんだよ。

1300人以上もの人が、亡くなったんだよ。

今住んでいる松島地区は、ちょうど火の手がまわった境があるんだよ。

御坊川にもたくさん火傷を負った人が飛び込んだんだって。

平和祈念室のない今、高松市では平和啓発の推進事業を

市民政策局人権啓発課でおこなっているそうですが、

学校での平和学習は聞きません。

(昨年度は校外学習で広島の原爆ドームを訪れたと聞きましたが、今年はありませんでした。)

文化センターが「子ども未来館」として生まれ変わるのは、当初、この春の予定でしたが、まだ更地です。

予定が遅れています。

平気で「死ね」「うせろ」と言ってしまう子どもたち。

本気でそう思っていなくても、小さな積み重ねはやがて大きくなります。

子どもたちにきちんと平和教育ができる環境を早く整え、

年々減っていく戦争経験者の声を聞いて欲しいです。

そして、記憶にとどめて欲しいです。

わたしは戦争を知りません。

だからこそ、きちんと戦争経験者の声を聞きたいのです。

歴史を歪曲することなく、戦争を美談にすることなく、

一番苦しむのはわたしたち庶民であるということを、頭の中に叩き込んでおきたいのです。

子どもたちが戦地へ送られるようなことがないよう、

わたしは今日も平和を願います。

わたしは、絶対戦争反対です。

c0347272_10372523.jpg
あゆみ


by step_ayumi | 2014-12-28 16:17 | | Comments(0)

ミニミニ集会

今日は、ミニミニ集会に呼んでいただき、

わたしの想いをお話しさせていただきました。

今、それぞれに抱えている問題をお伺いし、

「何それ、おかしい!」と思うことがいくつもありました。

「市民の声を議会に届けたい」。わたしの大きな願いです。

でも、なかなか届きません。

先日傍聴した市議会の委員会でも、

市民の提出した陳情はすべて不採択となりました。

数の力で押し切られてしまいます。

■平成26年第6回高松市議会(定例会)提出議案・議決結果

http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/23888.html

(陳情の議決状況は最下部にあります)

ひとりの市民として、純粋に悔しいと思います。

そして、やはり、無関心でいることの恐ろしさを思い知らされます。

みんなと未来へあゆみ隊のニュースレター第1歩を読んでくださった多くの方が、

「議会のこと全然知らんかった」

「わたしの税金って本当にちゃんと使われよんかな」

「今度傍聴に行ってみる!」

と、関心を持って、わざわざ感想をお寄せ下さっています。

「わたしが声を上げることで、ひとりでもいいから、政治に関心を持って欲しい」

そう思って始めたことが、もう多くの方に届いているのです。

わたしにできるのは本当に小さなことです。

でも、勇気のいることです。

めげそうになることもあります。

毎日があっという間に過ぎていきます。

それでも。

わたしのパソコンが受信音を鳴らし、メッセージを届けてくれます。

まさに北海道から沖縄まで、全国各地のお会いしたこともない、

お顔も知らない方々からの応援の言葉。

ニュースレターを読んだよ、という同級生からの温かい言葉。

友達にも読んで欲しいから、もう少し多めに送って!とのご要望。

そして、

「ここに来ないと気持ちが落ち着かない」

と自転車で30分もかけて毎日事務所にやって来てくれる友人。

34年間生きてきて、娘を出産したときと同じくらいの充実です。

半年前の自分からは考えられません。

ミニ集会、2・3人の集まりでも、お呼びいただければすぐに駆けつけます。

拙い、短い言葉ですが…。ご要望があれば、ギターも持って行きます。

自信のある音痴ですが、気持ちよく歌います。

わたしは、あゆみつづけます。

あゆみ


by step_ayumi | 2014-12-27 16:15 | 高松市 | Comments(0)

ありがとうございます

最初に。昨日のブログ、一部訂正してあります。

後援会としての政策ビラ(ニュースレター)のポスティングに問題はありません。

ただ、後援会入会案内等のリーフレットはポスティングはNGだそうです。

本当に公職選挙法はややこしいです。

日々奮闘です。

また、昨日のブログで「ご批判いただいた」と書いたことに対して、

非常にたくさんの激励のメッセージ、お電話をいただきました。

わたしは確かに政治素人です。

肩書きなど一切ありません。

肩書きは、あるとすれば「お母さん」、それだけです。

日々の活動は自分で予定を立てます。

家事も子育ても疎かにはできません。

ホームページも自力で作りました。

わからないことはきちんと問い合わせて対応しています。

この国の行く末を憂い、子どもたちの未来を案じ、

地方から小さな声をあげたい、市民の皆様おひとりおひとりの声を

丁寧に掬いあげていきたい、と思って立ちあがりました。

本当に、温かいみなさまからの励ましのお言葉が、

わたしの支えになり、原動力となります。

育児をしながら手伝ってくれる友人にも、感謝しかありません。

ありがとうございます。


by step_ayumi | 2014-12-26 16:14 | Comments(0)

2014.12.25

今日は、県選管と市選管へ行ってきました。

わたしのニュースレターをHPに掲載することが大丈夫かどうか、

駅前配布が大丈夫かどうか、

本をめくりめくり調べてはいますが、

ひとつの言葉をとっても法にひっかかることがあるので、

選管に問い合わせながらやっています。

選管の見解は以下の通りでした。

駅前配布 OK

HP掲載 OK

知り合いへの手渡し OK

ポスティング OK(政策ビラはOK 後援会入会案内等のリーフレットはNG)

とのことでした。

一部の文言は訂正した方がよい、とのご意見もいただき、訂正しました

政治活動は本来自由な活動のはずですが、

実際には様々に規制されることがあります。

「公職選挙法」だけではなく、いろんな法律がかかわってきます。

そして、わたしのような立場が弱くお金のない、市民派の活動は大変制限されます。

わたしの先日の街頭演説も、ご批判をいただきました。

厳粛に受け止め、今後の活動に邁進してまいりたいと思います。

こんなにも早く、ご批判の意見をいただけるのは、本当にありがたいことです。

感謝いたします。ありがとうございました。

太田あゆみ


by step_ayumi | 2014-12-25 16:13 | 政治 | Comments(0)

年内ギリギリ!

昨日夕方、待ちに待ったリーフレットが到着しました。

一番最初、本当にザッと鉛筆で書いた下書きが出てきました。

あれから、友人や支援してくださる方、家族が意見や知恵を出し合って、

何度も何度も練り直しました。

応援メッセージを書いてくれる、という友人に出会うことができました。

彼女との出会いは、わたしの一生の財産になることでしょう。

何年も会ってなかった同級生が、写真を撮るよ、と言ってくれました。

休みの日、朝早くから協力してくれました。

ボランティアで、デザインをしてくださると言ってくださった方と出会うことができました。

細かな修正にもすぐに応じてくれました。

入稿まで、すべて手際よくおこなってくださいました。

「こっちの方がいいよ」と娘が選んでくれた、幼少時代の写真。

娘の幼いころによく似ています。

興味のない人にとっては、ただの紙切れかもしれません。

わたしにとっては、仲間の想いや熱がこもった、大切な大切な、

わたしを知っていただくためのリーフレットです。

もし、お手にされた際には、じっくりゆっくり、ご覧になってください。

作成にかかわってくださった全ての方々、

これから受け取ってくださるみなさまに、心より感謝します。

さあ、作業だ作業だー!

c0347272_16124566.jpg
あゆみ


by step_ayumi | 2014-12-24 16:11 | 政治 | Comments(0)

ビールケース

わたしは、身長148cmです。

先日の人生初街頭演説のとき、信号に立ち止まる人だかりができると、

その中に埋もれてしまって、誰がどこで喋っているのかわからなくなってしまいました。

うーむむ、これは大問題。

今日も街頭演説なのに。どうしよう。

そうだ!!

商店街へ向かう途中、ライオン通り入ってすぐの酒屋さん!!

いつもいっぱいビールケース積んである!!

自転車を止め、ニュースレター1枚を手にして飛びこみました。

「わたし、太田あゆみと申します。来年の統一地方選に挑戦を決意しました。

これ、是非読んでください。それから、今から街頭演説に行くんですけど、見てください!わたし、背が低いんです!人ごみに埋もれるんです!もしよければ、1時間でいいのでビールケース1箱貸していただけませんか??」

演説を手伝ってくれるため、一緒に商店街に向かっていた友人2人は不安そうに遠巻きに見つめていました。

サーっと、一通りニュースレターに目を通して、お店の方が言いました。

「よし!いいですよ、どれにします?あ、あっちに丈夫なのがあるから、そっち持って行ってください!頑張ってくださいね!」と。

昨日書きましたが、わたし、本当に人見知り激しくて、初対面の人と話すのすっごく苦手だったんです。

こんなこと、自分ができるなんて。

友人2人は「お店の人、知り合いだったの?」と。

「ぜんっぜん!初対面!頑張ってって言って貸してくれたよ!」

びっくりしていました。わたしもびっくりです。

お借りしたビールケースに乗ると、うん、演説っぽい!

今日もなるべく優しいことばで、道行く市民のみなさんに訴えかけました。

「あゆみちゃん!」と声をかけてくれたのは、もう10年以上会ってなかった同級生。

「ばいばーい、がんばれー」と手を振ってくれた小さなお子さん。

君の未来を閉ざさないために、声を上げ続けるよ。

やっぱり高松の街はせまくて、商店街には必ず知り合いがいます。

「太田さん!!」と自転車で近づいてきてくれたのは、

先日の憲法カフェを香川大学で主催した青年。

彼とは夏の「戦争体験を語り継ぐ集い」で出会いました。

わたしが学生の頃には考えもしなかったような、社会や政治のことをしっかり考えている青年です。

若者の応援、力になります。

もちろん、厳しいお声もちょうだいしています。

みなさんの声ひとつひとつを丁寧に伺い、どうすれば改善できるのかを考え、

次の街頭演説でそこをしっかりお伝えします。

今日は1時間ちょうどくらい、300部を配ることができました。

お手伝いしてくれるのは、子育て世代の友人たちです。

人手が足りません。一緒に動いてみませんか??

ビールケースを返しにいくと、にこやかに出迎えてくれました。

ありがたいです。人の優しさに触れるって、きっとこういうことなんだろうと思います。

わたしも、優しい人でありたい。



そう思いました。

c0347272_10364927.jpg

【写真】優しさの詰まったビールケースとともに。

あゆみ





by step_ayumi | 2014-12-23 10:59 | 政治 | Comments(0)

駅前配布。

人間って不思議な生き物だとつくづく感じます。

わたしは、人前に出るのが苦手です。

人前で話すのも苦手です。

初対面の人とはほとんど話せません。

そんな人間だったんです。

でも。

誰かに何かを本気で伝えたいと思ったら、

人前に出ることも、喋ることも、初対面の人と話すことも、

自分の持つ能力のすべてを出して伝えようとするんですね。

不思議です。おもしろいですね。

今朝は、7時半からわたしの初めてのニュースレターを、

駅前配布しました。

こんな朝早く、仕事に行く前に少しだけでも、と手伝ってくれる友人。

ありがたいです。本当にありがとう。

高松も今朝は特に冷え込みました。

ババシャツ2枚重ね、カイロ3枚貼り、マフラーぐるぐる巻き。

気合いの配布です!

電車が到着すると、一気に人波が押し寄せてきます。

「おはようございます!」

「お仕事がんばってください!」

「気をつけていってらっしゃい」

声の大きさには定評があるので、元気に笑顔でお見送り。

その合間に「太田あゆみです、来春、統一地方選挙にチャレンジを決意しました!」

とよりいっそう大きな声でアピール!

すると、ニュースレターを受け取ってくれなかった方も、

「えっ?」という感じで振り向いてくださいます。

寒いのに、わざわざポケットに突っこんだ手を出して受け取ってくださる方。

「えー!すごい、がんばってください!」と握手をしてくださった方。

「応援しますよ!」と言ってくださった方。

「これ、持っときな」と、ホッカイロをくださった、お掃除のおばちゃん。

c0347272_10371129.jpg

みんな、優しい。

受け取ってくださった方、読んでくれたかな…。

11回、校正しました。何度も試行錯誤。どうしたら伝わるのか、

一生懸命考えました。

なるべく、易しい言葉で。優しい言葉で。

政治が身近なものなんだ、と気付いてほしくて。

自分にできることは、すべてします。

時間も努力も、惜しみません。

用意していた200部はあっという間になくなりました。

1時間を予定していたのに、40分くらいで終わりました。

次回はもっとたくさん用意しなくては!

夕方は娘の懇談会でした。

16時半からだったのですが、バタバタと予定が重なり、

「遅れます」と学校に連絡を入れ、到着したのは17時半。

先生、申し訳ありませんでした。

娘の学校での様子、家での様子。たくさん話しました。

やっぱりわたしは、ただのお母さんです。

娘のことが大好きな、普通のお母さんです。

子どもたちに、希望の持てる未来を残したい。

それだけ考えてる、お母さんです。

お母さんの底力。娘に、お母さんの姿をしっかり見せたいと思います。

明日はリーフレット到着予定。

楽しみ!

あゆみ


by step_ayumi | 2014-12-22 10:56 | 政治 | Comments(0)