人気ブログランキング |

太田あゆみオフィシャルブログ ~あゆみのあゆみ~ ayumirai.exblog.jp

高松市議会議員、太田あゆみ。無所属・市民派。厳しい目で見つめ続けてください!


by 太田あゆみ
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

<   2014年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

歌うということ。

先日、知り合いの方に
「こんなんあるんやけど、どう?」
と誘われて、弾き語りをしてきました。

わたしは、学生時代はブルーグラスという
アメリカ南部に伝わる音楽に没頭していました。
わたしが弾いていたのは、バンジョー。
c0347272_20254195.jpg

これです。

卒業してからはすぐに子育てが始まったので、
音楽を奏でる余裕はおろか、
聞くこともままならない感じでした。

高松に帰って、娘の育児が少し手が離れたころ、
趣味を何か持とうと思いました。
本当は、またバンジョーを弾きたかったけど、
月日の流れとは恐ろしいもので、
弾き方も、コードもなにもかも記憶から抜け落ちてました。
それに、高松でバンジョーを教えてくれる方を見つけるのも難しかったです。

そこで、新聞で見つけたカルチャーセンターの
アコースティックギター教室に通うことにしました。
父や母と同年代の友人ができ、
週に一度の二時間だけ育児から解放され、
楽しい時間でした。
わたしは、自覚のある音痴です。
自慢できるくらい音痴です。
でも、平気で人前で歌っちゃいます(笑)。

ギター教室は先生のご都合でわたしが習い始めて
2年ほどで閉室となりました。

それから5年ほど、暇があればポロンと弾く程度。
今回の弾き語りで久々に真面目に練習!

会場は、デイサービスセンター。
夜間は利用者さんがいないので、
ご厚意で地域の方々に解放して、
イベント等をおこなっているそうです。
素敵な取り組み。

c0347272_20380560.jpg


さて、結果は。
やっぱり音痴で撃沈。

それでも、歌うって気持ちいい。
はじめましての方々ばっかりなのに、
「音楽」で繋がれる。

音楽が溢れる空間は平和だな。
年齢も、性別も、国も関係なく、
みんなが繋がれる。

先日の沖縄県知事選で彼を応援していたわけではないけれど、
「すべての武器を楽器に」という言葉は、
大好きなフレーズです。

なかなか音痴は克服できませんが、
また機会があれば歌いに行きたいです。

あゆみ
by step_ayumi | 2014-11-30 20:47 | Comments(0)

上映会と講演会のこと。

昨日のブログで書いた、
「A2-B-C」の上映会と、
それに引き続きおこなわれたワークショップ
「東日本大震災から3年半、被災地とともに歩む」
に参加してきました。

「A2-B-C」の中で、
こどもたちが当たり前のように
ガラスバッジ(小型の線量計)を
通園カバンにつけたり、首から引っ掛けているのが
印象的だった。
「ここはねー、あぶないからだめなんだよー」
「なんで危ないの?」
「ほーしゃのーあるからだよー」
無邪気に答えるこどもたち。

除染作業員が
「すべてを除染するのは不可能だと思う」
と遠慮がちに答えていたこと。

家のまわりを除染しても、
庭の向こうには山積みのフレコンバッグ。
フレコンバッグの耐用期間は3~5年。
震災から3年半経った今、破れたり、壊れたりする
フレコンバッグも出てきていると記事で読みました。

学校の校庭は除染ずみ。体育も大丈夫という。
でも、それを信じることのできないお母さんは
自分で線量を測定。
校庭のフェンス一枚隔てた場所で
線量はみるみるうちに上がっていく。
風が吹けば当然、校庭にも放射性物質は舞い上がり降り注ぐ。

体育を休ませ、校舎の中でいることを選んだお母さん。
牛乳を飲ませたくなくて、水筒を持たせるお母さん。
給食が心配で、弁当を持たせようか悩むお母さん。
みんな、間違ってない。
こどもを守りたい、それだけ。
なのにそれをすれば学校から叩かれ、
こどもが偏見を持たれないかと心配しなければいけない。

これが、同じ日本で起きている、現実。

「息子はA2判定でした。右は嚢胞が6つ。
反対側は、あまりにも多すぎて、途中で数えるのやめちゃった…」

この間、福島から移住したお母さんの話を思い出した。
親戚や職場から非難され、罵倒され、
「福島を捨てるのか!」と言われて、
泣く泣く戻ることを選んだ仲間がいるということ。

「将来、どんなふうになりたい?」
という質問に、
「みんなが笑顔で、マスクもガラスバッジも持たずに遊べるような福島…」
「福島だけじゃないよ、世界中だよ」
「おれたちががんばんなきゃね」
と言う男の子。

国にも、地方自治体にも、医師会にも、学校にも見放され、
真実を教えてもらえず、
お母さんたちの不安ははかり知れません。

なにも、終わってなんかない。

そしてこちらは、絶妙なタイミングで、
娘が学校から持ち帰った「放射線副読本」。
c0347272_22072101.jpg


ざっくり言えば、心配しなくて大丈夫、という内容。
食品の基準値が書かれ、「厳しく管理されています。」
と書いてあるけど、事故前の基準値、何倍に増えたかは書かれてないし、
「服や体に付いても放射性物質は洗い流すことができます。」
とあるけど、じゃあ、その水はどこへいくの?
地中?海?その先はどうなるの?
なにも書かれていない。

真実ってなんなんだろう。
真実を知ろうとすることは、悪いことなの?
頭の中がぐちゃぐちゃになりました。
怒りでいっぱいになりました。

いろんなことに耐えている、
お母さんたちが本当に心配です。

岡内真理さんのお話。
高松にいるわたしには、
やはり異次元の話のようだった。
想像もつかない過酷な状況の中で、
被災者に寄り添い、見守り続けた岡内さん。

福島県と隣接する町なのに、
放射線は計ってもらえなかったこと。
報道には、宮城の北部が主に取り上げられて、
役場も流された山元町はほとんど見向きもされなかったこと。


奥さんを津波で亡くしたおじさんの
苛立ちと、悲しみ、自虐。

いろんな人が、いろんなところで、
こころを病んでいた。

あの震災から3年半。
また冬がやってくる。
雪の重みにギリギリで耐えている仮設住宅。

わたしにできることは、なんだろう。

きっと、忘れないこと。
継続的な支援。
それに尽きると思う。

c0347272_22225909.jpg

今日のように、
当事者のお話を聞くことも、大切。

悔しい涙がたくさん流れた日でした。
そして、これからも被災地に想いを馳せることを
忘れずにいようとあらためて決意した日になりました。

by step_ayumi | 2014-11-29 22:28 | 原発 | Comments(0)

おはようございます。
今日は、映画の上映会のお知らせです。
http://www.a2-b-c.com/

福島で起こっていること。
報道されない真実。
情報過多のこの社会で、わたしたちは自分自身で正しい情報を取捨選択していかなければなりません。

明日の上映会ということで、もっと早くにお知らせすればよかったのですが、
一人でも多くの方のご来場をお願いします。

上映会と合わせて、講演会もあります。
福島県の北隣、宮城県山元町の震災前の人口は16695人(世帯数5561)。
震災で死者698人、全壊・半壊家屋3302戸という大きな被害を受けました。
山元町で被災者支援や子どもたちを放射能から守る活動に取り組んできた
岡内真理さんのお話を聞き、「被災地とともに歩む」ことについて一緒に考えましょう。


【映画「A2-B-C」上映会】

  日時:11月29日(土) ①10:30~ ②12:30~

  会場:高松市男女共同参画センター5階第8会議室

  参加費:500円(高校生以下無料)

  連絡先:090-2784-8199 (矢代)

  企画/運営:歴史は消せない! みんなの会

  主催:2014高松市男女共同参画市民フェスティバル実行委員会

  共催:高松市

【岡内真理さん講演会】

東日本大震災から3年半、被災地とともに歩む

  日時:11月29日(土) 14:00~16:30

  場所:高松市男女共同参画センター5階第8会議室

  参加費:500円(学生無料)

  連絡先:TEL/FAX 087-813-0715  ZVF05007@nifty.com

  企画/運営:NPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト

        NPO法人グリーフワークかがわ/香川こどもといのちを守る会

  協力:コープ自然派しこく

  主催:2014高松市男女共同参画市民フェスティバル実行委員会

  共催:高松市

  

c0347272_10213463.jpg
c0347272_10213623.jpg
わたしも行きます。


あゆみ


by step_ayumi | 2014-11-28 10:30 | 原発 | Comments(0)

思い、いろいろなこと。

気がついたらもうこんな時間だ!!

また、自然災害が続いています。
長野の地震。
雪が降る前に、被災者の方が生活基盤を整えられますように。

阿蘇山の噴火。
火山灰による農家さんへの影響が懸念されます。
熊本行きの飛行機は相次いで欠航になっているそうです。

ここ香川県に住んでいると、普段感じる事はないけど、
やっぱり日本は災害列島なんだ。
せめて、被災地や被災者に想いを馳せる事だけは忘れずにいようと思う。
何ができるわけでもなく、もどかしいけど。


そういえば、さっきラジオで
内閣府のCMが流れていた。
内閣府のCMと言っても、原稿を読んでいるのはおなじみの地元アナウンサー。
消費税が8%になったことについて、
増税分は全て、みなさんのために使います、
子育て、介護、年金、医療等々の充実のために使います、
社会保障の充実のために使います、
と繰り返していました。

実感なし。

「待機児童は20万人分の受け皿を確保しました。」
と言っていたけど、県内では昨年度より、数十人待機児童は増えています。

政府の言っていることが信用できない国なんて、ちょっとおかしい。
自分が選んだ人が国会にいるはずなのに、
その人を通じた自分の意見なんてまったく反映されてなくて。

みんなどう思ってるんだろう。
レシート見てビックリするの、わたしだけ?
消費税取られ過ぎやろ!ってレジでしばらく止まっちゃうの、わたしだけ?
スーパーに買い物に行っても、みんな割引シールの貼られたお惣菜とかお魚とかお肉とか買ってて、
それなのに、なんとも思わないんだろうか?


もうすぐ選挙。
ひとりひとり候補者の言っていることを聞いて、
この人になら任せらると思う人を選びましょう。
そして、その人の動向から目を離さないように。
賢い有権者になりたいです。

今は選挙権のない子どもたち。
その子どもたちの未来のために、わたしたち選挙権のある大人が選挙に行くのです。
責任重大です。
「ちゃんと選んでね。」って娘に釘を刺されそうです。

c0347272_15483614.jpg


あゆみ




by step_ayumi | 2014-11-27 15:53 | Comments(0)

カンパのこと。

事務的なやらなければならないことが山積みで、
なかなか活動ができていません。
体調もすぐれません。
自分の仕事もあります。

なかなか政治活動に的を絞れていないです。
焦りばかりが募ります。
いろいろご意見もいただいています。
(応援の声、批判の声、さまざまです。)

そんな中、今朝、団体の通帳を記帳に行ったら、
カンパが振り込まれていました。

わたしが代表を務める団体「みんなと未来へあゆみ隊」は
どこの政党にも属さず、市民による市民のための活動を目指しています。

初めてのカンパ。
嬉しい、ありがたい、ことばでうまく表せません。
1円たりとも無駄にできない。
そんな想いでいっぱいです。
こんな政治素人のわたしの想いや行動に賛同してくれ、
応援してくれる方がいるということ。

誰かにいただくお金がこんなにずっしりと重く、
大切なものだと思いませんでした。

税金だって、同じです。
同じ額しかないのなら、少しも無駄にすることなく、
本当に必要なところへ使わなければいけない。
改めて、そう思いました。

政党に属することが悪いことだとはまったく思いません。
それぞれの信念や信条があると思います。

わたしは、手づくりの活動にこそ意味を見出したい。
市民の中から生まれた声を大切にしたい。
政党助成金をたくさん使ってパッパといろんなものをすぐ準備できる、
それもいいけど、みんなで知恵を出し合って、
「それ、できるよ。」
と、できる人ができる事を無理のない範囲でやっていけるような活動をしたい。

そうすることで、ひとりの市民として、
一番大切な「市民感覚」を失わずにいられると思うのです。

初めてのカンパを手にして、その想いが一層強まりました。
風邪なんてひいてる場合じゃないです。

一日も早く街頭に立てるように、がんばります。

あゆみ


by step_ayumi | 2014-11-26 11:22 | Comments(0)

事務所のこと。

風邪、ぶり返すの巻。
せっかく喉が治って普通に喋れるようになったと思ったら、
お次は鼻水と頭痛。
まったくしつこい風邪だ。
自己管理、しっかりしないと。

「みんなと未来へあゆみ隊」事務所
決まりそうです。
詳細、もうすぐお知らせできます。

だれでも気軽に立ち寄れるような、
みんなで楽しく語り合えるような、
たまには真剣な議論を交わせるような、
そんな空間になればと思います。

リーフレットも大詰めです。
かなり遅れていますが。

こちらも、早くお見せできるようにがんばります。

あゆみ


by step_ayumi | 2014-11-25 15:15 | Comments(0)

お休みのこと。

今日は、娘の「USJに行きたい!」との
強い強い要望。
でも連休は東京や打ち合わせでどこにも行けず…
9割9分堪えてもらって、
香川県のUSJ…いや、四国のディズニーランド…
レオマワールドへ行ってきました。<
c0347272_19164740.jpg
br>

お天気も良く、乗り物を待つこともなく、
一日中ふたりでたくさん遊びました。
パレードはすっかりクリスマスムード。<
c0347272_19191993.jpg
br>

そうか、そんな時期か、と焦りつつも、
久しぶりに娘とふたりきりでいっぱい笑って、
疲れたけど楽しかった。
この子がいるから、
がんばれる。

ありがとう。
また明日からがんばります。<
c0347272_19230383.jpg
br>

あゆみ
by step_ayumi | 2014-11-24 19:23 | Comments(0)

ミーティングのこと。

今日は「あゆみ隊」ミーティング。
娘も参加。
最年長との歳の差、実に60歳。

みんなで考えて、
意見をだしあって、
あーだこーだと笑顔で話し合う。

これが政治の始まり。

もちろん、昨日みたいに、
怒りをぶつけるぞ!も大切だけど。

一歩ずつ。
確実に。

明日は家族サービスデー。
家族と言ってもわたしと娘のふたりだけど。
連休最終日、ようやく遊べる娘には、
無理をさせてるかな…我慢をさせてるかな…
と心配になるけど、
「またミーティング行きたーい」
と言ってくれるし、かなり的確な意見を
出してくれるので、
ほんの少し、甘えさせてもらいます。

今日あつまってくれたみなさん、
ありがとうございました001.gif001.gif

あゆみ
by step_ayumi | 2014-11-23 22:46 | Comments(0)
先ほど、東京から帰宅しました。
東京は地下を歩くか、建物の中にいるかで、
外にいても高いビルばかりで
ほとんど空を見ていない。
空、きれいなのになぁ。

一般社団法人「マガジン9」主催の
「怒れる大女子会!」
~もういい加減にして「オッサン政治」!~
という、なんともユニークな勉強会に参加してきました。

福島から自主避難をしているお母さんのお話は
決して表に出ることのない、
苦しい胸の内。

地域で、できることから始めようと
頑張っているお母さんたち。

高松で、細々とやっていると
本当にわたしはこれでいいんだろうか、
やめたほうがいいんじゃないのか、
軸がぶれそうになることがある。

でも、今日、各地で活躍、活動する女性たちと話して繋がることができて、
これからも自信と情熱を持って、
ここ高松で頑張っていこうと思いました。

前大田区議の奈須りえさんとお話できて
暖かいお言葉をかけてくださったこと。
嬉しかったです。

女性だからできること、
慈しむことや、育むことを大切にできる、
そんな人になりたいし、
そんな政治を目指したい。

テレビのコメンテーターなどでも出ている
全日本おばちゃん党代表の谷口真由美さん曰く、
選挙で票を集めることしか考えず、
傲慢で上から目線な政治、
それが「オッサン政治」。
そうじゃない、男性の政治家もたくさんいて、
それは「オッチャン政治」 らしい(笑)。
発想がおもしろい。

わたしは、お姉さんと呼ばれるには無理があるし、
かといって堂々とおばちゃんと言える感じでもないから、
「お母ちゃん政治」を目指したいな。


「ただいまー」と帰ると同時に
地震のニュース。
さっきまでいた東京も揺れたみたい。
大きな被害がありませんように。

c0347272_23530158.jpg


今日の出会いを大切にしたい。

あゆみ
by step_ayumi | 2014-11-22 23:51 | Comments(0)
今日はこれから仕事を少し早めに切り上げて、
東京へ行きます。

しっかり勉強してきます。
繋がってきます。

タイトル、おかしいですね。
へこんでる場合じゃないんですけどね。

やらなきゃいけないことが
山盛りてんこ盛り。

ひとつずつ、丁寧に、迅速にやっていきます。

あゆみ

by step_ayumi | 2014-11-21 13:58 | Comments(0)